しゅういち 恵比寿店

恵比寿で遅い昼食

昨日、家族に付き添いで行った病院で待ち時間が長くなり、待合室にあった本を読んでいました。本の内容はカレーについての雑学で、日本に入ってきた経緯やカレーにまつわる様々な話をまとめてありました。現代の日本人にとってカレーというアイテムは、最もポピュラーな料理の一つです。発祥はインドですが、現在のカレーはイギリスで進化したものが元のようです。明治初期に輸入されましたが、最初のレシピではアカガエルの肉を使っていたなんて逸話もあります。その本でカレーうどんが大阪発で、経営が傾いた店を救ったという話を読んで、どうしても食べたくなりました。この日は恵比寿に打ち合わせで来ていて、美味しいカレーうどんが食べたいとお客さんに話をしたら、2軒ほどお店を教えてくれました。まあ、普通のお蕎麦屋さんに行けば食べられると思うのですが、恵比寿ならば進化系に出会えるような気がしてました。一軒目は白いカレーうどんで結構話題になっているお店でしたが、残念ながら夕方からの営業で、まだ開店していませんでした。もう一軒はカレーラーメン屋さんなのですが、お薦めだと言うので行ってみました。

恵比寿のカレーつけ麺

恵比寿の駅前は相変わらず人で溢れています。西口ロータリーから駒沢通りを渡り、中目黒方面に少し行くとケンタッキーフライドチキンがあるので、脇の道を入ります。すぐに目立つ外看板がありました。半地下のお店の黒い看板に、カレーつけ麺専門店「しゅういち」と書かれています。階段を降りると、プーンとカレーの匂いが空きっ腹に響きます。入り口を入ると発券機があり、店内は黒っぽい感じのインテリアでオシャレな感じです。メニューは、「カレーつけ麺」「カレーラーメン」「カレー油そば」のバラエティです。イチ推しの「カレーつけ麺」750円券を購入してテーブル席に座りました。この店はカウンター6席、テーブル14席の計20席です。暫く待つと配膳されました。スープ・麺・トッピングがそれぞれ別に出てきて、17時まではご飯サービスです。黄色いスープはグツグツの状態で、木枠に乗ってます。麺は、太めのつるつる平打ち麺。トッピングは、味玉・焦がしチャーシュー・ほうれん草・海苔です。スープは、サラッとしていますがマイルドで濃厚、あまり辛くはありません。麺をスープに絡めてすすります。最初にミルキーさと出汁の甘み、その後にスパイスの辛みが来て、うどんのような麺の歯ごたえが美味しい。味の雰囲気的には、自由が丘の「千吉」に近いかな?!チャーシューはジューシーで、なかなかです。卵も半熟感がスープに合います。ズルズルと食べたかったカレーの味を楽しみながら、麺を完食。残ったスープにサービスのご飯を投入して2度美味しく食べられました。
%e3%81%97%e3%82%85%e3%81%86%e3%81%84%e3%81%a1
[店名]しゅういち 恵比寿店

[URL]http://birth-corporation.com/tenpo_5.html

[住所]東京都渋谷区恵比寿西1-9-2

≪恵比寿で訪問した店舗一覧はこちら≫