つばめグリル 品川駅前店

品川の老舗レストラン

9月になって,朝晩冷え込むようになってきました。夏の終わりは、少し寂しい感じがしましたが、9月も半ばになると秋を楽しむ気分になってきました。食欲の秋と言いますが、たしかにこの時期は何を食べても美味しくて、ウエスト回りが気になり始めてます。
品川で友人と待ち合わせ。午前中遅くに集合して、品川駅構内のエキュート品川でスイーツの買い物につきあいました。アトレ品川のカフェでお茶をした後、昼食を食べる事にしました。相談の上向かったのは、品川駅高輪口の「つばめグリル 品川駅前店」です。「つばめグリル」には学生時代から通っていて、年に何度か食べにきます。電車の“特急つばめ”が店名の由来という「つばめグリル」は、1930年創業という老舗です。現在では、東京や横浜で20店舗以上出店しています。今まで、あちこちの支店に食べに行きましたが、どの店でも同じクォリティーの料理で、店員さんのサービスも良く、楽しい食事が出来ます。

品川で季節のランチメニュー

品川駅高輪口前の「つばめグリル 品川駅前店」は、基幹店舗で3F建てのレストランです。品川店に来たのは久しぶり。13時を過ぎていたので、ランチタイムの混雑もいくらか落ち着いているようです。ショーケース横の入り口を通って店内に入ると、2Fに案内されました。店内はほとんど満席でしたが、運良く窓際の席に座れました。「つばめグリル」といえば、ハンバーグが有名ですが、ランチにはクリームコロッケやロールキャベツ/ポークジンジャー等があります。メニューを見るまでは好物の「つばめ風ハンブルグステーキ」を頼むつもりでしたが、季節メニューがあったので気持ちが変わりました。季節ランチメニューは「和風ハンブルグステーキ季節野菜添え」1380円です。友人は「つばめ風ハンブルグステーキ」をオーダーしました。ランチの最初に出てくるのは、トマトファルシーサラダです。丸ごとのトマトにフレンチドレッシングがかかって、カットすると底に具が詰められています。これが新鮮で美味しいんです。厚い木の鍋敷きとご飯が運ばれ、後から鉄板に乗ったメインディッシュが登場。おろしハンバーグの上には、デカイ獅子唐と茄子がドドーンと鎮座して、フライドポテトとソース/マスタードが添えられています。茨木産の獅子唐大きくて、最初ピーマンかと思いましたが、齧るとけっこう辛い。茄子は群馬産の「千両2号」でジューシィ、フライドポテトは幻の品種「マルチダ」といってふっくら芳ばしい。肉汁たっぷりのおろしハンバーグは、以前食べた和風ハンバーグよりも美味しい気がします。チェックすると和風ソースが、広島産の「川中醤油」ベースでした。どの食材にもこだわって仕上げた季節の一皿は、老舗店にふさわしい美味しい料理でした。

[店名]つばめグリル 品川駅前店

[URL]https://www.tsubame-grill.co.jp/

[住所]東京都港区高輪4-10-26

≪品川で訪れた店舗一覧はこちら≫