アルカサール牧場 五反田店

五反田のステーキ店

お肉か魚、どちらが好きかと聞かれれば、選ぶのはお肉です。子供の頃、お肉のご馳走といえば、焼肉・すき焼き・トンカツ・ハンバーグ・ビフテキでしょうか。この中で、馴染みが少なかったのは、ビフテキです。ある日、食い道楽の父が分厚い牛肉を買ってきて、焼いてくれたのが、ビーフステーキ(ビフテキ)との出会いです。当時は大きさに驚きましたが、今考えると500gくらいだったと思います。ちゃんとスライスガーリックをそえて上手く焼かれていました。最初はレアっぽかったのですが、子供の口に厳しいと言うとしっかり焼き直してくれました。多分、日本の松坂牛あたりですが、初めて頬張った時の食感はかなり印象的でした。ジュワーと肉汁が溢れる独特の味は、美味しいと言うより驚きの方が大きかったかな。その後も、家で食べるビフテキは上質の肉が多くて、口が肥えてしまったようです。大人になって外食するようになると、アメリカのビーフステーキがいかに大味か実感しました。元々肉食の欧米人の好みを、繊細で器用な日本人は他の料理と同じように作り変えてしまいます。牛肉の味がモロに出るビフテキで、本当に美味しいと感じられるレベルをお店でいただくには、数万円かかりますね。時代が進んで、日本でも欧米の肉食文化が当たり前となりました。料理人の技術も上がり、世界中の肉料理を美味しく食べられるお店が増えました。
五反田にも、ステーキをメインにした人気店が数軒あります。

五反田で美味しいハンバーグを

五反田で一番知名度が高いステーキ店は、目黒川沿いの「ミート矢澤」でしょうか。五反田には他にも、美味しいと言われているお店があります。夜、平常料金では高いので度々行くのは難しいのですが、ランチタイムならば案外リーズナブルです。先日打ち合わせの帰り、遠回りして戻る途中に黒い牛の銅像がたっているステーキハウスを見つけました。普段使わないルートなので、知らないお店でした。気になったので戻ってから調べて見ると、結構評判の良いお店。翌日、ランチタイムに行ってみました。五反田駅西口から目黒駅方面に4~5分の場所にあります。お店の名前は「アルカサール牧場 五反田店」、牛の銅像に牧場ときたらインパクトありますね。店頭の沢山写真付きボードが飾られた通路を入ると、入り口は階段をおりて地下1Fでした。店内は想像と違い広くて、大き目のテーブルがドンドンと置かれています。レンガ柄の壁紙で、アメリカ風のインテリア、かなり混んでいます。ランチメニューは、ステーキとハンバーグで、ハンバーグは量によって値段が違います。今回は炭焼きハンバーグ150g(ランチタイムはサラダとライス付き)1330円を頼みました。サラダの次に、ジュージューと音をたてて焼ける鉄板に乗った半生のハンバーグ登場しました。店員さんが半分に切り分け、生の部分を鉄板に押し付けてソースをかけて焼いてくれました。旨みたっぷりの濃厚なソースがしたたる熱々のハンバーグを一口。ツナギの少ない肉々しい食感は、ステーキ店でなくては味わえません。美味しいです!ハンバーグは作り方やソースの味で随分かわりますね。サラダも新鮮でシャキシャキ、ご飯は甘みがあってふかふか、ここのハンバーグは美味しいですね。いっきに完食しました、今度は300gくらい食べたいと思います。

[店名]アルカサール牧場 五反田店

[URL]https://sarah30.com/shops/864817

[住所]東京都品川区西五反田2-4-6 ハイホーム五反田 B1F

≪五反田で訪れたお店の一覧はこちら≫