”カレバカ世紀”目黒

目黒、権之助坂のカレー専門店

中目黒に”ルパン”という料理の充実している喫茶店があって、そこの家庭的なカレーが大好きだったのですが、先日伺った時残念ながら閉店していました。桜も咲き始めていたので、目黒川沿いに歩いて目黒に向かいました。権之助坂に気になるカレー店があったからです。権之助坂を左折して目黒駅に向い少し行くとラーメン店「揚州商人」があります。目的のカレー店はこのミュンドンビルの4Fです。以前、このビルの6FにあったBARによく飲みに来ていて、その時にカレー店の存在は知っていたのですが、来店ははじめてです。目黒はカレー屋が多くあります。日本風カレーも結構あり、西口側では「タダカリー」、「LAND」とここが三大日本風カレーでしょう。エレベーターで4Fにあがると”カレバカ世紀”があります。黄色い暖簾を押して店内に入ると4Fなので眺望が良く、逆レの字カウンターで13席。調理と接客はご主人一人で回しています。調理場のガス台は、飲食店にしては火力の小さいもので使っていて、台には家庭で使う鍋が2つ並んでいます。

目黒でチキンカレー

目黒の”カレバカ世紀”は2010年5月にオープン、6年目ですね。接客はとても丁寧です。ランチの「チキンカレーセット」900円をオーダーしました。選べるトッピングから半熟タマゴを選択。まず、冷水・コールソロー・ラッキョウが出されました。カウンターから眺めていると、ご主人はガス台に火を点け、小さな鍋で丁寧に作り始めました。しばらくして実食です。ルーは深めの皿に盛り付けられたご飯の上全面にかけられて卵がのってます。トマトとヨーグルトと一緒に煮込まれているというチキンカレーは、ほろほろになるまで煮込まれた鶏肉が入っていて、どろどろで一見欧風カレーです。思ったよりも辛さは控えめながら、かなり香辛料の香りをふんだんに感じられるスパイシーな仕上がりになっていて、口に含むと最初にスパイシーな香りがズバッと広がります。とろみはいくつもの具材が混じったものでスパイスと一緒にじっくり煮たように感じます。ごはんは日本米、量は十分でふっくら炊き上がって甘いです。最後まで美味しく頂きました。ご馳走様でした。
カレバカ世紀
[店名]”カレバカ世紀”目黒

[URL]https://retty.me/area/PRE13/ARE7/SUB704/100000040193/

[住所]東京都目黒区目黒1-6-16 ミョンドンビル 4F


≪目黒で訪れた店舗一覧はこちら≫