キッチンパンチ 中目黒

中目黒裏通りの老舗洋食店

中目黒、日々進化している街です。20年ほど前から、中目黒という街に行くようになりました。友人が住み始め、馴染みの飲み屋さんに通うようになると、次第に中目黒の情報が集まり始め、この街がとても好きになりました。当時はまだ、今よりものんびりしていて、下町っぽい雰囲気が落ち着いたんです。渋谷・恵比寿・代官山の隣町ということや、芸能事務所が多かったりで元々人気はあったのですが、駅前の再開発が始まると一気に注目が集まりました。真ん中を突き抜ける山手通りも、道幅の拡張工事をしています。この街の特徴は、裏通りに色々なお店が散らばっていることです。以前は東急東横線の高架下に、庶民的な飲食店が集まっていたのですが、一度全店閉店して改装が始まりました。先月花見に行った時、高架下は改装が終わって見違えるようにお洒落になっていました。出店しているお店も入れ替わって、昔のイメージは残っていません。街が綺麗になるのは良いことなのですが、変わってしまうのは少し寂しい気がしますね。
昨日、中目黒の友人と食事をすることになりました。駅前のCafeで待ち合わせ、お店は裏通りの洋食店に決まりました。

中目黒でベーシックなオムライスを

中目黒に住む友人と食事をすることになったのは、駅前にあるGTタワーの裏通りに40年以上前から営業している老舗の洋食店です。お店の名前は「キッチンパンチ」といいます。以前はよく見かけた町の洋食店も、ファミリーレストランやCafeチェーンの台頭により次第に数が少なくなりました。こんな時代に長く営業している洋食店は、料理の味かコスパ・サービス等何がしか魅力があると思われます。「キッチンパンチ」はマンションの1Fにあり、外観は昭和の匂いがプンプンのデザインです。店内は左手にカウンター、右手にテーブルが並びます。テーブルに座ってメニューを確認。洋食店の見本のようなこの店のメニューは、フライなどの揚げ物・ハンバーグ・オムライス・ナポリタン等の組み合わせです。一通り食べていますが、どれも美味しいんです。今回「キッチンパンチ」で食べたかったのは「オムライス」900円!友人はハンバーグをオーダーしました。久しぶりにご対面した「オムライス」は、絵に描いたような美しいフォルムです。最近は半熟状態の卵焼きをナイフで割って、ドロっとさせたタイプが流行っていますが、こちらの「オムライス」は昔ながらのシンプルなタイプ。同じ皿にはキャベツと福神漬が添えてあります。焦げ目の無いライトイエローの卵焼きは、ふわっと焼きあがっていて、真ん中にケチャップがかかっています。スプーンを入れると、中からケチャップライスが出てきます。口に入れると、濃厚なケチャップの香りと旨味が広がります。そう懐しいこの味、美味しいわ~。食べ進めると、ゴロゴロチキンが出てきます。たっぷりケチャップが絡んでいるのに、ご飯はベタッとしていません。添え物の味噌汁は味が濃いめ。食べ終わる頃に感じるのは、全体のバランスの良さです。シンプルなだけに技術が問われるオムライス、「キッチンパンチ」の味は懐かしくて完成された一皿です。

[店名]キッチンパンチ 中目黒

[URL]https://retty.me/area/PRE13/ARE7/SUB703/100000038168/

[住所]東京都目黒区上目黒2-7-10

≪目黒で訪れた店舗一覧はこちら≫