”キムカツ” 恵比寿本店

恵比寿で女性に人気のトンカツ

JR恵比寿駅周辺にとんかつ専門店は少なく、有名なのは目黒駅の”とんき目黒店”でしょうか。今は残念ながら閉店したのですが、恵比寿と目黒の中間に”天津”というとんかつ店がありました。近くにオフィースがあったので度々行っていたのですが、肉は柔らかくジューシー、衣はサクサクでソースも辛子も拘った、本当に美味しいとんかつ店でした。芸能人のファンも多くて、隣の席に座った「大山のぶ代さん」がドラえもんの声で”ロースお願いします”と言ったのが忘れられません。この店でこだわりの店主から教わったのは、とんかつは肉だけではなくソース・辛子・ご飯・キャベツ・漬物にいたるまでトータルで味わうものだということです。私が一番好きなとんかつは、横浜馬車道にある”勝烈庵”で、肉も美味しいのですが、フルーティなソースとしじみの味噌汁の組み合わせが最高なんです。先日地方から友人の夫婦が上京してきて、恵比寿で合流した時奥さんのほうから”キムカツ”恵比寿本店で夕食が食べたいとリクエストが有りました。どうやら地元婦人会の友人たちに人気らしいのです。そう言えばキムカツ創業したころ女性客が行列を作ってました。

恵比寿発祥のミルフィーユかつ

”キムカツ”の看板メニューは国産豚ロースを薄切りにして、25枚重ねて揚げた俗に言う「ミルフィーユカツ」で、低温の油で8分間じっくりと揚げ、縦置きにして2分間蒸らすという独自の製法で作るとんかつです。今では類似品を見る事がありますが、発祥はこの”キムカツ” 恵比寿本店のようです。お店の場所は、JR恵比寿駅東口改札を出てエスカレーターをくだり、恵比寿駅東口交差点へ。右斜め方向の路地に入って徒歩5分です。ビル1Fの店正面には、白い暖簾に墨でキムカツと描いてあります。店内はカウンターとテーブルで50席の間接照明が彩るモダンな和空間です。予約していたのですぐにテーブル席に通されました。しゃきしゃきキャベツ・炊き立て御飯・お味噌汁・お漬物が食べ放題の「キムカツベーシックコース」3000円をオーダーしました。カツには黒胡椒・ガーリック・チーズ・ネギ塩・梅しそ・厚切りもあります。まずキャベツが登場、オイル系のドレッシングが良い味です。続いて、ライス、味噌汁、カツが登場しました。味噌汁は、赤味噌か白味噌の選択が可能で白味噌を選択、ほぼ合わせ味噌に近い味。カツは非常にサクサクとした衣、歯切れの良い肉の甘味が口に広がり美味しいです。しかし何より良かったのはお櫃に入ったふっくらモチモチの炊きたてご飯でした。個人的にはもう少し油の乗った肉のほうが好みですが、女性に人気あるのが分かりました。ご馳走様でした。
キムカツ 恵比寿
[店名]”キムカツ” 恵比寿本店

[URL]http://www.kimukatsu.com/

[住所]東京都渋谷区恵比寿4-9-5


≪恵比寿で訪問した店舗一覧はこちら≫