クルン・サイアム 中目黒店

中目黒のタイ料理店

中目黒は、渋谷や恵比寿・代官山と近く、大手の芸能プロダクションも数軒あり、芸能人や著名人が集まる街です。
午前中、恵比寿で打ち合わせがありました。午後友人とランチの約束をしていたので、駒沢通りを抜けて中目黒に向かいました。恵比寿西口から鎗ヶ崎に向かう通り沿いには、洋服店や雑貨店などが並んでいます。鎗ヶ崎のT字路から坂を下って、目黒川を越えると山手通りの角に、ニトリ中目黒店が見えてきました。ここのニトリ中目黒店は、今までのお店と違う雰囲気で、ちょっとお洒落な感じがします。2フロアーだけですが、広い窓から光が入る明るい店内には、シンプルでリーズナブルな商品が並びます。思わず、雑貨を購入してしまいました。待ち合わせ時間になったので、集合場所の中目黒駅に移動しました。中目黒駅周辺は、すっかり綺麗になりましたね。昔の下町っぽい雰囲気も好きだったのですが、生まれ変わりました。
友人と会い、エスニック料理をリクエストすると、いい店があると連れて行ってくれることになりました。

中目黒で絶品カオ・ソイをいただく

中目黒には、エスニック料理のお店が沢山あります。中目黒駅の正面改札前から、山手通りの横断歩道を渡るとスターバックスがあります。渋谷方面に線路沿いを入っていくと、せんべい店やAFURIというラーメン店の前を通りすぎます。そこでぶつかるのは、桜のシーズンに一番混む、目黒川にかかった小さな橋。この橋は「ひのでばし」っていうのです。目黒川を渡ると、昔と変わらない景色です。ジーニングの洋服屋さん脇の階段を登ると、そこがタイ料理「クルン・サイアム 中目黒店」です。店内に入ると、古木を多用し手作り感満載の暖かいタイ風インテリアが迎えてくれます。メニューは、自由が丘店と似て、ガパオ・カオバット・パッタイ等があります。友人は「ガパオ」1080円、私は「カオ・ソーイ」1100円を頼みました。「カオ・ソーイ」とは、チェンマイカレーラーメンのことです。生春巻きは、野菜がたっぷり挟まって、甘みと酸味の効いたタレが良くあいます。間もなく「カオソーイ」登場、オレンジ色のスープに揚げ麺が盛り付けられています。スープは濃厚でドロドロ、辛さは程々でココナッツタイカレーという感じです。中の鶏肉にも麺にもコッテリスープが染み込んで、メチャクチャ美味しいです!麺を食べ終わったあと、残りのスープをジャスミンライスにかけると、美味しさ倍増。一流ホテルで腕を磨いたという、タイ人の料理人が作った絶品料理、堪能いたしました。

[店名]クルン・サイアム 中目黒店

[URL]http://www.sscy.co.jp/krungsiam.html

[住所]東京都目黒区上目黒1-6-5

≪目黒で訪れた店舗一覧はこちら≫