中村昌宏のグルメレポート 銀座いし井 五反田店 (品川区西五反田)

銀座に本店がある銀座いしいの五反田支店です。ご主人は「めん徳 二代目 つじ田」で修業をつまれていたとのことなので、つじ田をご存知の方は馴染みがあるかもしれません。店舗は五反田駅から徒歩5分ほどのところで、大崎広小路駅からだと改札を出た道を挟んだ斜め向かいにあります。店内はL字型のカウンターのみで、20名ほどが入れる広さです。食券を外で購入するスタイルで、水はセルフになっています。平日は男性サラリーマンですぐにいっぱいになりますが、回転率は早いです。店内は綺麗で、女性が一人で行っても問題ないと思います。

店員さんおすすめの上せいろ(つけ麺)とチャーシューご飯を注文しました。店内に入るとほどなくしてつけ麺が登場。最近流行りの魚粉系と鳥のWスープのようですが、見た目と違って意外とあっさり。麺はストレートタイプの中太麺、程よい茹で上がりでつるつるしたのどごしが癖になりそうな食感です。すだちがここのつけ麺の特徴らしく、最初は何も入れずに食べ、次にすだちを絞って食べ、最後に黒七味麺に一振り。だんだんと味の違いを実感でき、違う味が一つのラーメンでいくつも楽しめるのが特徴です。

実は私あまり食べ物に柑橘系(レモンなど)を合わせるのが好きではありません。銀座いし井さんではじめてつけ麺をいただくときもすだちを使う気はまったくありませんでした。ですが、その時一緒に食べていた友人に無理やり説得され一振り・・・美味しかったのです。今までの自分の考えを改めました。あの油ものレモンをかけるのとはまったく意味合いが違うのですね。その時の友人にはとても感謝しています。やはり食わず嫌いはいけませんね。ということで私のような方もまずダマされたと思って、ノーマル・すだち・黒七味と味わってみてください。

最後に銀座いし井さんでの流儀抜粋です。

1.まずは、すだちも黒七味もかけずそのまま食すべし。
2.三分の一食べ終わったところで麺にすだちを絞り、よく混ぜてから食すべし。
3.そして、残り三分の一になったら麺に黒七味をふり掛けて食すべし。

ぜひお試しください。

029_銀座いし井五反田店

[店名] 銀座いし井五反田店

[URL] http://tabelog.com/tokyo/A1316/A131603/13159962/

[住所] 東京都品川区西五反田1-24-4


≪五反田で訪れた店舗一覧はこちら≫