ケンタッキーフライドチキン 恵比寿店

恵比寿で遅い昼食

昔、漫画や映画で原始人の食べてる骨付き肉を見て、食べてみたいと思いました。初めて「ケンタッキー・フライド・チキン」を見た時、その骨付き肉に近いイメージでした。多分中学生ぐらいだったと記憶しますが、アメリカ文化の味がしました。アメリカにおけるフライドチキンの起源は、南部の黒人奴隷のソウルフードだそうです。チキンと言えば、日本ではから揚げが定番料理ですね。単価が安いのも手伝って、お酒を出す店には必ずと言っていいほど置いてあります。アレンジがしやすいのも魅力の一つで、下味をつけて揚げるもの、大根おろしを使ったしぐれ揚げ、タレをかけるものなどバリエーションが色々あります。アメリカンスタイルは「ケンタッキー・フライド・チキン」が味のベースになりました。その後、ハンバーガーショップやピザ店のサイドメニューで見かけるようになり、今ではコンビニエンスストアーのレジ横にも並ぶようになりました。最近ではあまり食べる機会は少なくなりましたが、クリスマスや飲み会の時にテイクアウトします。恵比寿駅前で遅い昼食に何を食べようか迷っていると、カーネルサンダースのイラストが目に入りました。

恵比寿で久々のフライドチキン

恵比寿駅西口ロータリー前には、駒沢通りを挟んで「ケンタッキー・フライド・チキン 恵比寿店」があります。普段は店頭では食べないのですが、先日いただいたお客様優待券があったのを思い出して、お店に入ることにしました。「ケンタッキー・フライド・チキン」を食べるのは随分久しぶりです。レジカウンターでメニューを見ながら、オリジナルチキンセットと必ず頼むコールスロー、そして珈琲をオーダーしました。席について、まずはコールスローからいただきます。酸味がきいてサッパリとしたコールスローサラダは、油分の多いフライドチキンと抜群の相性です。オリジナルチキンに齧り付くと、1940年頃カーネルサンダース氏が考案したという秘伝の味は、今でも変わらず美味しいです。カリッとした皮にはスパイス(ショウガ、ニンニク、セージ、ナツメグ、フェンネル等)が染み込んで、中はジューシイで柔らかい。噛めば噛むほど旨味が広がってちょっとジャンクな幸せ気分です。定番の肉厚なポテトも相変わらず美味しい。自宅で食べる時は、醤油+マヨネーズ+マスタードをつけます。これが良いんです。フライドチキンやピザを食べると、古き良きアメリカを感じますね。

[店名]ケンタッキーフライドチキン 恵比寿店

[URL] http://www.kfc.co.jp/

[住所]東京都渋谷区恵比寿西1-9-4

≪恵比寿で訪問した店舗一覧はこちら≫