”スアンサワン 五反田”

五反田のエスニック料理

五反田のお客さんがエスニック料理好きで、ランチとか仕事帰りに何度か連れて行っていただいた店があります。JR五反田駅をロータリー側に出て桜田通りを高輪台方面に向かい400mほど行って、道路沿いに側道を下って行くと30mくらいのところです。店の表ガラスには色々な種類のボトルが並んでいます。店内壁際にソファーが、向いにテーブルがゆったり並んでいて35席、全面喫煙OKのせいか、香辛料とタバコの匂いがします。
前回はランチタイムで「ガパオ&ゲーンキアオ」830円(・鶏挽肉のバジル炒め&グリーンカレーセット)を食べました。ここは料理がすぐに運ばれてきます。グリーンカレーは、一口目はココナッツの甘味が強く、中の鶏肉は柔らかくて、ナスもとろとろ、食べ進めるうちに辛さが後からきます。ガパオは、バジルの香りがするひき肉そぼろご飯目玉焼きのせッて感じです。ランチメニューはヌードル・ラレー・ご飯物等12種類700~850円で、ランチセットは(+200円/サラダ・ドリンク・デザート付き)です。けっこうボリュームがあるので満足できます。

五反田でタイの焼きそば

そう言えば、昨年夏代々木競技場敷地内でエスニック料理のイベントをやってて、沢山屋台料理が出店してましたが、コントラストの強い写真をただ引き伸ばしてシャム文字乗せたメニューが印象的でした。なぜかこの店の壁に貼ってある料理資料やメニューも同じ感じです。その時スマホで撮った写真を整理していて、食べたタイ風焼きそばの味が懐かしくなり、近くに来たついでに”スアンサワン 五反田”に再来しました。メニューをみるとありました、「バミーパッキーマオ」830円をオーダー。「パッ・キーマオ」の意味が「酔っぱらい炒め」、“バミー”は中華麺のことです。日本では、カップ焼きそばという感じかな。甘めのソースが濃厚で後から辛さが侵食する、スパイシーな良い意味で屋台風、ジャンクな味わいです。具はやや厚めの豚肉片に青菜・白菜・人参などです。一般的なパッキーマオに入ってるタイ生姜やヤングコーン・フクロダケ・パプリカ・パクチーは入っていません。かなり辛かったので、口直しに「アイスクリーム ガディ」250円8ココナッツアイスクリーム)を追加しました。美味しかった、ご馳走様でした。
Suan Sawan
[店名]スアンサワン 五反田

[URL]http://www.localplace.jp/t100079625/

[住所]東京都品川区東五反田4-10-9


≪五反田で訪れたお店の一覧はこちら≫