”チャメ 恵比寿店”

恵比寿で韓国料理

恵比寿で打合せの後、女性の担当さんとランチを食べに行くことになりました。お店をお任せすると韓国料理で美味しい所があると言うのでついて行きました。私はあまり辛い料理が得意ではないので、韓国料理というと基本的に行くのは焼き肉屋さんくらいです。ここ数年、若い女性中心に美容のためか・韓流でか、韓国料理がブームになってます。ここ恵比寿では女性客が多いせいか韓国を含め東南アジア料理のお店が多い。JR恵比寿駅西口をロータリー側に出て、駒沢通りを中目黒方面へ向い、恵比寿南の交差点を斜め左に入ると、原色の黄色い看板が見えて来ました。看板には韓国語と日本語で「石鍋豆腐チゲ専門店」と店名”チャメ”が書かれています。姉妹という意味の店名”チャメ”の店内に入ると、カウンターとテーブル席、小上がり席の構成36席の7~8割ほどが埋まり、殆どが女性客です。テーブル席に案内されメニューをみると、「スンドゥブ」で色々種類があります。チーズ・きのこ・きのこ春雨・野菜・あさり・たら・海老・海鮮・キムチ・豚・豚キムチ・牛・豚牛等に、トッポギ・のり等のトッピングで、800円~1350円くらいです。

スンドゥブ専門店、恵比寿

”チャメ 恵比寿店”は裏通りにありますが、界隈のOLさんには結構有名とのこと。初めてだったので一番人気の「チャメスペシャルスンドゥブ」980円をオーダー、辛さは3段階選べるので、私は1辛を、担当さんはMAXの3辛を選びました。しばらくすると、石焼になったご飯と、厨房でグツグツと煮られて沸騰した泡がポコポコと浮かび上がってきて熱々のスンドゥブが運ばれてきました。一口食べてみると初めはピリピリした辛さで、豆腐をスプーンで崩しながら食べると、辛いスープと相まってとても美味しい。石釜で炊かれた御飯をスプーンですくいスンドゥブに浸して食べると、固めの御飯とサラサラの辛いスープが絡みどんどん食べられちゃいます。半分くらい食べた後、卵を加えて残りをごはんの石鍋に投入。おこげをスープではがして雑炊風にいただきます。カプサイシン効果で汗をたっぷりかいて元気になりました。美味しかった、ご馳走様でした。
チャメ 恵比寿店
[店名]”チャメ 恵比寿店”

[URL]http://www.drink-food.biz/tyame-ebisu-index.html

[住所]東京都渋谷区恵比寿南2-1-1 萩原ビル 1F


≪恵比寿で訪問した店舗一覧はこちら≫