”三田製麺所 五反田店”

五反田ラーメン通り

打合せの後、東急池上線で大崎広小路駅まで戻ってきました。その後、品川で打合せの予定があったので、JR五反田駅まで徒歩で移動することに。大崎広小路駅からJR五反田駅までの317号線沿いには、飲食店が多くありますが、特にラーメン店が多く、この間を「ラーメン街道」などと呼ばれています。昼食を抜いていたので、五反田で食べていくことにしました。五反田に向かって歩いて行くと「一風堂」があり、右手に以前恵比寿で入ったことがある”三田製麺所 五反田店”が見えてきました。”三田製麺所”はつけ麺の専門店で、結構好きな味です。気温もだいぶ高くなっていたので、熱いラーメンよりも良いかもしれないと思い、入ることにしました。店作りは、基本的にどの店舗も同じで、古民家風のウッディな作りです。店内は意外に広く、カウンター17席・テーブル32席の49席です。一人だったので、カウンターに座りました。”三田製麺所”は国内20店舗、東南アジアにも数店展開しています。

五反田

”三田製麺所 五反田店”のメニューは、つけ麺と辛つけ麺の2種類のスープに、ランチセットは、餃子、唐揚げなどメニューが豊富です。麺の量は並200g、中300g、大400gが同額で、特大500gは100円UPで熱盛りも出来ます。「三田盛りセット」1030円(税込み)を中300gでオーダーしました。10分程で着丼。「三田盛りセット」は、つけ汁・麺・具(半熟卵・メンマ・チャーシュー・のり)です。具を全部つけ汁に投入して、いただきます。つけ汁はドロッとして、茶濁したスープの上には海苔と魚粉がまぶしてあり魚介豚骨醤油味です。麺は角断面の極太麺、スープに浸けて口に入れると、魚介豚骨の和風な風味が口いっぱいに広がります。腰のある太麺を噛み締めていると、後から醤油の甘みを感じます。よく絡むスープの味を楽しみながら、ズルズル食べると、太めのメンマ・一口大の煮込まれて柔らかいチャーシュー・半熟卵がつけ麺の美味しさを引き立て最後まで飽きずに食べられます。最後にスープ割りを足して、完食。大満足です、美味しかった。
三田製麺所
[店名]”三田製麺所 五反田店”

[URL]http://mita-seimen.com

[住所]東京都品川区西五反田1-17-6


≪五反田で訪れたお店の一覧はこちら≫