中目黒駅前「三ツ矢堂製麺」

中目黒でつけ麺ならココ

東急東横線中目黒駅周辺は数年前から再開発が進行していて、高架下に乱立していた昭和風飲食店街の風景も今ではすっかり様変わりしています。人気の地域のせいか、駅周辺に定着する店はそこそこ繁盛しなければ難しいみたいです。正面改札を出て左に線路沿い50mほど行ったところに「三ツ矢堂製麺」というつけ麺店があります。この場所には15年ほどの間に、ゲーセンやうどん屋など様々なお店が出店しましたが、いづれも短期間で閉店しました。店ができた当初は正直またダメかなあ、とあまり期待していませんでしたが、いつ前を通っても賑わっているので興味を持って入ってみました。店の外観は木をふんだんに使っていて、ガラス張りになっています。入口は段差があり、店内は黒を基調とした打ちっ放し的な感じです。席はビニールクロスのかかったテーブル席のみで、少人数から大人数まで座れます。外にはテラス席もあります。

柚子油の効いた魚介豚骨味を中目黒で

「三ツ矢堂製麺」というくらいですから、ウリは麺です。国産の小麦粉を使用して各店で製麺するというこだわりようです。麺の、ゆで方は冷・温4種類、太さは細麺・太麺・全粒粉と3種類、量も少(200g)・並(350g)~極盛り(1500g)まで好みによって細かく選べます。つけ麺は¥810-、やさい・雲呑・チーズソース・納豆等の種類があります。他にラーメン・どんぶり物・つまみも充実しています。夜になるとワンタン皿やメンマをつまみに飲んでいるサラリーマンもよくみかけます。久しぶりだし、けっこう空腹だったので、オススメの全盛りマル得つけ麺¥1.020-を熱めの大盛り(550g)で頼みました。白いキャップ・前掛けをした店員さんはみんな元気で丁寧な接客をしてくれます。10分ほど待つと、麺・汁・トッピングが別皿になって運ばれてきました。チャーシュウ・野菜・味玉・海苔のトッピングを少し瀞みのある汁に投入して実食。汁は豚骨に魚介をベースに柚子油をアクセントにしているようです。最初は、酸味と甘味を強く感じ、唐辛子のピリ辛が効いてきます。麺は腰があってモチモチ・つるつる!元々魚介は苦手なのですが、この柚子油で後味の良い完成された味になってます。やはり美味しい。今では都内近郊に10余店展開しているようです。

三ッ矢製麺

[店名]三ツ矢堂製麺 中目黒店

[URL]http://idc-inc.jp/

[住所]東京都目黒区上目黒3-3-9 第2牡丹ビル 1F

≪目黒で訪れた店舗一覧はこちら≫