五反田”あげ福”

五反田「矢沢ミート」直営のとんかつ店

広島から友人が上京してきました。彼は年の3分の1をこちらで仕事をしています。東京にいる時、不動前に住んでいて、五反田までよく散歩をするそうです。このブログの話をすると、散歩の途中で気になる店があるので教えてほしいと言われ、情報を聞いてみると目黒川沿いの「ミート矢澤」のようです。「ミート矢澤」は最高級黒毛和牛の精肉卸会社ヤザワミートが、直営するステーキ・ハンバーグ専門店です。現在では『焼肉 矢澤』・ハンバーガー『ブラックカウズ』・焼肉店『ホルモン稲田』・高級蕎麦屋『肉そば ごん』・『焼肉ジャンボ』・とんかつ屋さん『あげ福』と、精肉のバックボーンを活かし出店を広げて、どこも人気店になっています。その友人と五反田であってランチをすることになったのですが、気になるなら行ってみようと言うことになり、「ミート矢澤」に向いました。JR五反田駅東口から桜田通りを西に行って、目黒川にかかる橋の手前を右折してしばらく歩くと行列が見えてきました。やはりランチタイムは並んでます。隣のとんかつ店は「あげ福」といい、ここも精肉卸会社ヤザワミート直営だと話すと、とんかつも食べたいというので、こちらに入店しました。

五反田の絶品ロースカツ

五反田のとんかつ店「あげ福」に到着したのは13:30頃、丁度席が空いたのでカウンターにすわりました。お店はすっきりと明るく清潔な感じで、椅子は少し高めです。席数はカウンター18席、テーブル4人用1卓の計22席で、店員は若い男性ばかりです。和牛メンチカツが美味しいと聞いていたのですが、今回は「上ロース」2000円を頼みました。10分で出来上がってきました。トリュフ塩で、その後に特製のジンジャーソースで食べるよう勧められました。ご飯とキャベツはおかわり出来ます。残念ながらとんかつはちょっと小さめ。ドレッシングはキャベツに合っていて美味しい。味噌汁は豚汁で、まあ普通な感じです。ロースかつにトリュフ塩を付けてまず一口、ジュワッと脂が染み出し、サクッと噛み切れる柔らかさでちょっとビックリです。ジンジャーソースをつけてまた一口、脂身部分の割合が多く、肉の甘みを感じます。最後に卓上のトンカツソースをかけると、これは普通でジンジャーソースがベスト。この店のとんかつは、やはり肉が美味しいのが一番の魅力でした。美味しかった!
あげ福
[店名]五反田”あげ福”

[URL]http://www.agefuku.net/

[住所]東京都品川区西五反田2-15-13 ニューハイツ西五反田 1F

≪五反田で訪れたお店の一覧はこちら≫