五反田”チキンダイニング ちりばり”

五反田のランチ事情

午前中から五反田の得意先で打ち合わせです。会社員を長くやっていると、勤務地が変わることが多く、その場所によって食糧事情が変わります。担当者は3年五反田に勤めているので、ランチやディナー飲み屋さん情報に詳しい。私も五反田にはよく来るので、有名店や表通りのお店はある程度知っていまが、打ち合わせが終わった後、五反田でのランチ事情をインタビューしてみました。五反田は、今までの勤務地で一番だそうです。ポイントは3つ、プライス・種類が豊富・並ばず食べられる店が多い。夜高い店でも、ランチタイムはリーズナブル、1000円以下のメニューが多いようです。料理のバラエティが広く、ラーメン・カレー等のB級グルメ、外国の人がその国の料理を作る各国のレストラン(タイやインド韓国と言ったアジア系が多い)、懐石~家庭料理までの和食、ハンバーガーや牛丼等ファーストフード、Cafeまであります。全体的にランチ営業をしている店が多いため、比較的スムーズに入店出来ます。そこで、話を聞いていたアシスタントの女の子から、女性向け店の割合が少ないとの意見もありました。

五反田でマレー料理のランチ

得意先のお客さんから五反田のランチ事情を聞いているうちに、お昼の時間になりました。せっかくなので一緒にランチすることになり、知らない店に案内してもらうことにしました。飲食店は五反田駅周辺から西側は山手通りまでに集中しています。今回担当者の方が連れて行ってくれたのは、五反田TOC近くの裏通りにある、マレーシア料理のお店です。桜田通りを一本裏に入っていくと、入り口は扉一枚で、横に国旗と写真メニューが貼ってあるお店が見えてきました。店内はかなり狭くてカウンター席が10席、奥にはテーブルで6席です。ランチメニューを見ると、なんとメインの「マレーシア鶏飯」とカレーは500円で、他にトムヤムクンやナシレマ・つけ麺式ラクサ等は少し高く、組み合わせのセットもあります。「マレーシア鶏飯」は、蒸し・焼き・揚げがあるので、蒸しを頼みました。注文時にお会計をして待つこと5分で着丼。オレンジのプレートにチキン・ご飯・もやしのナムル・チリソース、それにチキンスープが付きます。カウンターに乗っている、さっぱり味付けのもやしナムルは食べ放題です。蒸し鶏は、油が抜けて柔らかくてジューシー、パラパラのタイ米(?)と良く合います。ソースがピリ辛で美味しさが増します。今時、500円でこの料理が食べられるなんて驚きでした。
%e3%83%81%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%80%e3%81%a1%e3%82%8a%e3%81%b0%e3%82%8a
[店名]五反田”チキンダイニング ちりばり”

[URL]http://r.gnavi.co.jp/kbbzd3mh0000/

[住所]東京都品川区西五反田7-12-4

≪五反田で訪れたお店の一覧はこちら≫