五反田”平太周 味庵”

五反田大崎広小路の名物店

「女心と秋の空」と言いますが、昔は「男心と秋の空」だったという事です。10月半ばを過ぎて天候は不安定、昨日は快晴25℃を超えて半袖で歩けるくらいだったのが、今日は朝から小雨が降って肌寒く、殆どの人がアウターを着ています。寒くなってくると外食はラーメンや蕎麦などの汁物が多くなります。このブログでもご紹介出来るのが麺物が多くなるかもしれません。昨夜、B級グルメ+大食いの友人から連絡がありました。以前会ったのは夏の終わりで、五反田の”梅林”で、大盛り焼きそばを食べたのですが、今回のお誘いは同じ五反田にあるラーメン店で夕飯を食べようという事です。量が多いので昼食は抜いておくようにと、一言添えられました。待ち合わせは18時五反田駅です。お店が大崎広小路駅近くなので、西口から317号線を通って向いました。この時期18時だと日が沈んで、通り沿いにある飲食店から明かりが漏れています。早く仕事が終わったサラリーマン達が一杯飲みながら夕食を食べる姿が見受けられます。大崎広小路駅に到着、目的のお店は駅の並びで、すぐ近くにあります。

五反田で爆盛油脂麺に挑戦

友人に誘われて来たラーメン店は、五反田大崎広小路駅のすぐ近くで、雑誌やテレビでも取り上げられる有名店です。店名は「平太周 味庵」、表の看板には「らーめん 平太周」と書かれています。店内のカウンターは逆L字型で12席、発券機があります。メニューは、ラーメン・味噌ラーメン・つけ麺・爆盛油脂麺とトッピング類。今回の目的である「爆盛油脂麺」880円のチケットを購入、空いたばかりの端席に座りました。随分前に一度、背脂たっぷりのラーメンを食べたことがあり、結構美味しかった思い出があります。名前からしてインパクトある「爆盛油脂麺」、私は知らなかったのですが、このアイテムは大食漢の間では有名だそうです。10分ほどで着丼、凄いわ~!400gという大盛り縮れ太麺の上に、チャーシュー・ほぐしチャーシュー・味玉・メンマ・ネギが乗って、白っぽい背脂が麺全体にかかっています。そして、同時に出されたカゴに入っているのは、魚粉・青海苔・七味唐辛子・辣油・山椒・マヨネース・マスタード・タバスコ・粉チーズ。作っている過程を見ていたのですが、タレや粉数種類と背脂で出来た汁に麺を投入し、良きかき混ぜて再度背脂をかけていました。隣で嬉しそうにニコニコしている友人を尻目に、気合を入れて食べ始めました。醤油と背脂が絡んだ熱々の太麺を噛みしめると、濃厚な旨味が口いっぱいに広がります。調味料の味が少しジャンクだけど、看板メニューだけあって美味しい。背脂で麺全体がギラギラ、友人のアドバイスはよくかき混ぜながら早めに食べることです。箸休めの煮玉子は硬めで、チャーシューはトロトロ、両方共良い味です。半分程食べたところで、カゴに入った調味料群の意味がわかりました。美味しくても最後まで飽きずに食べるのは厳しいので、少しずつ調味料を加えて味を変えていきます。まずは魚粉、そしてマスタードとマヨネーズは良い相性です。最後にタバスコを加えて完食しました。腹十二分目で満腹です。美味しかったけど、正直オジサンにはかなりキツくて、翌日までお腹いっぱいでした。
%e5%b9%b3%e5%a4%aa%e5%91%a8-%e5%91%b3%e5%ba%b5
[店名]五反田”平太周 味庵”

[URL]http://www.hirataishyu-ajian.jp/

[住所]東京都品川区大崎4-2-2

≪五反田で訪れたお店の一覧はこちら≫