吉そば 五反田店

五反田 立ち食いそば事情

五反田駅を降りると、どの時間でも沢山の人がいます。五反田駅周辺は、オフィス街・繁華街・歓楽街を含む街で、多種多様な人種が生活しています。但し、時間によって活動している地域が変わります。昼間、五反田駅東口側の歓楽街を歩いても閑散としていて、飲食店や風俗店で営業している所周辺だけに人影を見ますが、夜になると姿が一変します。酒の勢いも手伝って、賑やかで騒がしい街の雰囲気になります。逆にビジネス街は、ひっそりとしています。五反田では1日中どこかで、人が活動しているということは、食事をする店があるということです。時間を選ばず、もっとも手軽に食事が出来る店といえば、筆頭にあげられるのは「立ち食いそば屋」さんでしょう。日本のファーストフードのはしりと言える立ち食いそばの歴史は古く、江戸時代の屋台が原型です。時代劇でよく見かけますが、江戸時代の屋台は「二八そば」と呼ばれ、担ぎ棒で移動していました。「立ち食いそば屋」といっても、正確には椅子が用意してある店もあります。見渡してみると、五反田には色々な立ち食いそば店があります。

五反田で豚唐揚げそば

24時間生活する人達がいる五反田には、立ち食いそば店と言われる店が何軒かあります。基本的にチェーン店が多いのが、特徴です。立ち食いそばチェーン店ランキングは、①ゆで太郎190店②そじ坊134店③サガミ131店④富士そば118店⑤小諸そば82店です。この中の「ゆで太郎」は、本社が五反田にあり店も5店舗あります。他にも「富士そば」・「小諸そば」・「道中蕎麦」・「そば処 ことぶき 」そして「吉そば 五反田店」等があります。今回、久しぶりに「吉そば 五反田店」に行きました。「吉そば」は、都心に14店舗出店しています。現在改装中の中目黒駅前店には、昔よく通いました。当時仲間たちと良く集まる飲み屋さんがあったからです。JR五反田駅西口から大崎広小路交差点に向かう317号線沿いにあり、白地に吉そばの文字が目立ちます。「吉そば」は、汁とか麺に化学調味料・着色料・甘味料不使用をコンセプトにしています。店内は立ち食いのカウンターと、テーブル席があります。入口横に発券機が並んでいます。メニューは充実していて、もり・かけ・冷しの蕎麦・うどんにトッピングが揚げ物や肉等、セットメニューもあります。一通り食べたことありますが、今回は季節メニューの「豚から揚げ蕎麦 大盛」430円を購入しました。肉は基本的に豚が好きなので、珍しい「豚から揚げ」が目に付きました。出てきた丼ぶりは、思ったよりもインパクトあります。大盛蕎麦に10cm程の大きさの豚から揚げが2枚乗っています。昆布だし醤油ベースの汁に、喉ごしの良い蕎麦は相変わらず美味しいです。豚から揚げは柔らかく、衣に汁が染み込んでいて旨味が増してます。しかも、大判のから揚げが2枚入っているので、かなり満足できました。美味しかった、ご馳走様でした。

[店名]吉そば 五反田店

[URL]http://www.yoshisoba.jp

[住所]東京都品川区西五反田1-11-8

≪五反田で訪れたお店の一覧はこちら≫