吉野家 五反田駅前店

五反田駅前の吉野家へ

牛丼と言えば、日本のファーストフードの代表格です。普通の生活をしている方なら一度は食べたことがあるでしょう。牛丼・丼ものチェーンの店舗数ランキングでは、①すき家1964店・②吉野家1199店・③松屋940店です。このクラスになると、日本中どの街ででも見かけることが出来ますね。五反田のように大きな街になると、思い浮かべただけで、すき家3軒・吉野家2軒・松屋2軒が出店してます。最近はあまり入りませんが、若い頃はよく食べました。カップヌードルとか牛丼って、時々無性に食べたくなります。一番馴染みのあるのは、吉野家でしょうか。吉野家の創業は、明治32年だといいます。関東大震災で築地市場に移転して、昭和43年からチェーン店化が始まりました。初めて食べたのは、高校生の頃でしょう。その後、色んな丼物チェーンが出てきました。徐々にそれぞれのお店で、商品の特徴が変わりはじめました。そう言えば、一時狂牛病騒ぎで、原料の仕入れ問題で揉めてましたね。

五反田、季節の豚スタミナ定食

時々、吉野家のお客様優待券をいただきますが、「京樽」や「すし三崎丸」などの関連会社でも使えます。今回も、優待券をいただいたので、JR五反田駅前の吉野家に行くことにしました。昨年は、すき焼きなどの鍋物をシーズン商品として打ち出していました。けっこう美味しかったのですが、今年は無くなっていました。ベーシックメニューで一番好きなのは、牛鮭定食です。牛肉と焼き鮭も食べられるので、欲張りな私にはピッタリです。五反田駅前の吉野家は、珍しい1F・2Fの店舗です。店舗の作りは他の店と同じくオレンジベースのカラーリングです。1Fカウンターに座ってメニューをチェック。季節限定の商品は、豚スタミナです。丼ぶりもありますが、「牛スタミナ定食」510円をオーダーしました。この店舗はお客さんの出入りが多く、ひっきりなしに入れ替わります。豚肉のおかず+サラダとご飯・味噌汁・生卵にステンレスの不思議な器具が付いてます。何かと思ってよく見ていたら、生卵を分ける道具でした。豚肉はニンニクの効いた甘辛いタレがたっぷりかかっています。かなり味が濃いので、ご飯が進みます。卵のに黄身を絡めるとマイルドになって美味しいですよ。サラダと一緒に食べるとまた美味しい。高級な料理ではありませんが、B級グルメとしてよく出来ています。ご馳走様でした。

[店名]吉野家 五反田駅前店

[URL]https://www.yoshinoya.com/

[住所]東京都品川区東五反田1-13-7

≪五反田で訪れたお店の一覧はこちら≫