吉野家 品川駅港南口店

品川駅、急いでご飯

7月も中旬を過ぎると夏真っ盛りです。何だか年を重ねるごとに、暑さが増すような気がします。とは言っても、江戸時代には扇風機さえ無かったのですから、エアコンが故障したぐらいで文句は言えませんね。先日夜、エアコンが故障してその晩は五反田のファミリーレストランに避難しました。この時期は、電気店が多忙で修理は明日になるそうです。昨夜も熱帯夜だったので、一緒に仕事をしている友人の事務所で、仕事をさせてもらうことにしました。彼の事務所は4人でソフトやゲームの開発を中心に行こなっているチームです。ブラック企業なんて言いますが、スタッフたちは事務所で寝泊まりが当たり前の状態です。まあ、元々オタクの集団がはじめた会社ですから、本人たちは当たり前だと思っているようですが。22時頃事務所に到着すると、スタッフたちは夜食を食べていました。夜食は、吉野家のテイクアウトです。牛丼やうな重・カレー・ネギ塩カルビ丼等で、部屋中に匂いが充満しています。見ていると美味しそうで、すっかり食べたくなってしまいました。翌日午後に、打ち合わせで品川の得意先に行きました。その時、盛り上がったのがが吉野家のCMの話題です。佐藤二朗が仏の衣装で登場するのがうけてました。朝飯抜きなのに、次の打ち合わせまでに時間がない状態で、品川駅港南口まで戻って来ました。

品川駅港南口の牛丼店

品川駅港南口前で、空腹なのに30分しか時間がありません。目に止まったのが吉野家のオレンジ色の看板です。昨日からすっかり刷り込まれているので、即決しました。なんと、ここの吉野家は3Fまであります。オフィース街で駅前という最高のロケーションならではでしょう。牛丼チェーンの店舗展開では、1位「すき家」2位「吉野家」3位「松屋」ということですが、「すき家」は最近、従業員の勤務状況問題とかで話題になっていました。「吉野家」は日本で最初に、牛丼店をチェーン化した老舗です。私の中でも、牛丼店と言えば「吉野家」で、高校生の頃ハマってよく食べました。ランチタイムに「吉野家 品川駅港南口店」の前を通ると、いつも満席です。この日は15時を回っていたので、1Fのカウンターに座れました。メニューは、定番の牛丼・豚丼・ネギ塩・カレー等に、季節アイテムのサラシア牛丼・ベジ丼・タコライス等があります。今回選んだのは、「豚丼汁だく」330円「豚汁 キムチ」セット260円です。配膳が早いのは吉野家の売りの一つ、5分も待たずに着丼しました。いつものように、唐辛子を丼と汁にかけ、紅しょうがを一摘み丼に乗せます。豚汁は、豚肉・豆腐・大根・人参・レンコン・ごぼう・サトイモ・青ネギなど具だくさん。味噌ベースの汁は旨味たっぷりで、身体に染み渡っていきます。丼は柔らかく煮込まれた豚肉と玉ねぎは、甘味があって美味しい。ツユのしみたご飯と一緒にかき込みます。キムチは辛すぎずシャキシャキして、豚丼と良い相性です。豚汁の具を摘みながら、一気に完食しました。昨日から食べたかったので、ようやく満足できました。

[店名]吉野家 品川駅港南口店

[URL]https://www.yoshinoya.com/

[住所]東京都港区港南2-2-15

≪品川で訪れた店舗一覧はこちら≫