名代富士そば 五反田店

五反田駅前有名立ち食いそば店

梅雨入りしていますが、今のところ雨の日は少ないようです。この時期は湿気が多くて、1年で一番苦手かな。屋内や車内ではエアコンが効いています。快適な電車内で移動してきてホームに降りると、じっとりとした空気に包まれます。打ち合わせに向かって五反田の街に出ると、ポツポツと雨が降りはじめました。さすがに梅雨時期は傘を用意しているらしく、街は傘で溢れています。気が付くと、白や透明のビニール製が増えましたね。そう言えば、天皇陛下はメディアなどが撮影しやすいよう、透明のビニール傘を使われていると聞きました。もちろん、特注のしっかりしたものですが。最初その話を聞いた時は驚きましたが、他者に気を配られる陛下ならではの逸話ですね。昭和生まれの私からすると、とても便利な時代になりました。都会に住んでいると、24時間開いているお店が沢山ありますね。生活に必要なものならコンビニエンスストアで大体揃います。昨日、夜中に五反田で飲んで空腹だったところ、駅前にはファーストフード中心に営業しているお店が軒を連ねています。グルっと見渡すと道の向こうに、有名立ち食いそば店のショーケースが目に止まりました。

夜中に食べたカツ丼カレー

真夜中の五反田駅前、飲んだ後の夜食を食べたいと思って惹かれたお店は、「名代富士そば 五反田店」です。五反田駅前東口ロータリーから桜田通りを渡ってお店に向かいました。五反田には、有名立ち食いそばチェーン店が数店あります。「ゆで太郎」「吉そば」「小諸そば」そして「名代富士そば」等で、「ゆで太郎」は5店舗も出店しています。正確に言うと立ち食いそば店と言っても、カウンターに席を用意している店が殆どです。「名代富士そば 五反田店」は麺とご飯物のセット、丼物・冷し麺などのメニューが充実しています。食品サンプルが並んでいるショーケースをみていると、種類が多くて悩んでしまいます。最初は「肉そば」にしようと思っていましたが、店内の券売機で気が変わりました。1年位まえに、池袋の富士そばで食べた「カレーカツ丼」があったので、食べたくなりました。ありそうで無い、B級メニューだと思いませんか。食券をカウンターで渡して、座って待つと10分程で番号を呼ばれます。トレイには味噌汁とカレーカツ丼が乗っています。味噌汁はインスタントではなく、味は濃い目で具はワカメでした。メインは、卵でとじられた厚めのカツ丼の回りに、カレーがかかっています。カツ丼は厚めの肉は柔らかくて汁だく気味です。カレーは甘めで、具は溶け込んでいる家庭的な感じ。これを一緒に食べるのは、ジャンクで幸せな美味しさです。正直、塩分とカロリーは高めで血圧上がりそう。牛丼屋さんの、カレー牛丼と同じくらいB級な組み合わせですね。味が濃い目なので一気に食べ終わりました。1杯で2杯分のお得感が味わえました。今回写真を撮り忘れたので、前回池袋で食べた時の写真を使いました。

[店名]名代富士そば 五反田店

[URL]http://fujisoba.co.jp/

[住所]東京都品川区東五反田5-27-6 第一五反田ビル

≪五反田で訪れたお店の一覧はこちら≫