品川”じらい屋”

品川区武蔵小山で夕食

品川区武蔵小山駅前に友人の兄が経営するBarが有りましたが、駅前が再開発の為移転しました。先日、そのBarがリニュアルオープンしたのでパーティに参加しました。今度の場所も武蔵小山駅から5分ぐらいの所です。パーティは17時くらいから始まり、入れ替わり立ち替わりお客さんがお祝いに駆けつけます。目黒権之助坂や中目黒の飲み屋さんで知り合った懐しい顔ぶれのメンバーともグラスを交せました。勿論、お酒はたっぷり有りましたが、料理はつまみ程度しか無かったので、大分空腹になりました。ラーメン好きが集まって話していると、武蔵小山駅周辺はラーメン激戦区で30件以上がシノギを削っているようです。私も何件かは知っていますが、地元の友人に聞くと裏通りにはマニアックなお店があるそうです。駅前再開発で移転してしまうかも。と言う事で、パーティの帰りに地元の友人に案内されて駅裏のラーメン店に向いました。武蔵小山駅パルムから目黒方面に少し戻った路地裏で、まだ昭和の匂いがぷんぷんします。

品川でも有名なラーメン店

私以外は知っていた「じらい屋」は品川区でも有名なラーメン店。年季の入った店の上部には、紺色のテント地にちょんまげ顔にじらい屋のロゴが描かれています。この顔はきっと、ガマに乗った忍者の児雷也からきているのでしょう。店はカウンターのみで7席、少し待って順に座りました。小型の券売機が真ん中に置かれています。メニューはじらい屋ラーメン・みそラーメン・塩ラーメン・味噌キムチラーメン・チャーシュー増し、トッピングは味つけたまご・とりたま・バター・メンマ・もやし・のり等です。店内は清潔で掃除が行き届いていて、店主さん一人で切り盛りしてます。「じらい屋ラーメン」を買って、麺の固さ・ニンニクの有無・油の量を全部普通に指定して待つこと5分で着丼しました。見た目は真っ黒なスープ、分厚いチャーシュー・多めの刻みネギ・玉葱・多めのメンマとインパクトあり。真っ黒なスープをくちに入れると、予想に反して塩分抑えめのマイルドなスープ、麺は中太の縮れでしっかりコシがありスープに絡んで美味しい!厚いチャーシューは外側トロッと煮込まれ、柔らかいながらも歯ごたえがあってかなりの上物。太めのメンマは柔らかく、決め手は鶏ひき肉+玉ねぎいためで、全ての味をまとめる感じです。多分店主のこだわりで、手が届く範囲で完成された味を提供したいということなのでしょう。さすが激戦区で25年商売を続けてきただけのことはあります。ご馳走様でした。
じらい屋
[店名]品川”じらい屋”

[URL]https://retty.me/area/PRE13/ARE7/SUB704/100000001240/

[住所]東京都品川区小山3-6-21

≪品川で訪れた店舗一覧はこちら≫