品川”ひるがおEX”

品川プリンスのフードコート

午後時間が出来たので、久しぶりに品川で映画を観ることにしました。平日の昼過ぎ、品川駅に到着しました。ターミナル駅の品川は相変わらず人で溢れています。ふと、立ち止まってホームを見ていると、途切れること無く電車が滑り込んで来て、沢山の人をはきだして、また飲み込んで走り去って行きます。当たり前の光景ですが、毎日何万もの人が通過していくのは凄い事ですね。以前、日本をテーマにした海外のドキュメンタリー番組で、品川駅の乗降の模様を早回しする場面がありました。第三者の目で見ると、かなりインパクトがありました。日本の電車の運行時間は驚くほどに正確です。見慣れてしまっているこの光景は、影で沢山のスタッフに支えられて成り立っているんですね。世界でもまれに見る日本人の勤勉さの象徴です。
改札を出て、高輪口方面に階段を降りると、第一京浜道路が現れます。横断歩道を渡った所に飲食店並んでいます。ここがウイング高輪で、品川プリンスホテルの敷地内にあります。映画館「T・ジョイプリンス」は、施設奥のアネックスタワー3Fです。少し空腹を覚えましたが、上映時間まであまり余裕がなかったので、先に映画を観ることにしました。施設右の脇道を柘榴坂に向かって登っていくと、映画館の入っている建物がみえてきました。ここの映画館は、昔から席がゆったりと広いので気に入ってます。

品川ホテル施設で食べる塩ラーメン

品川プリンスにある映画館「T・ジョイプリンス」で、映画をみました。面白い映画だったので、観ている間は夢中でしたが、終わったら腹ペコでした。帰りはアネックスタワー中から駅に向かうことにしました。エスカレーターで降りていくと、ボーリング場からピンを倒す音が響いてきます。ボーリング場の向かいにフードコートがありました。随分前に入った記憶がありますが、何を食べたかは覚えていません。匂いにつられて、入店しました。円形で広いスペースにはテーブルと椅子が並び、回りには色々な飲食店のカウンターが並んでいます。中心にはCafeのカウンター、回りのお店は「たこ焼き」「ピザ・パスタ」「京うどん」「焼肉」「カレー」「ラーメン店」等です。この中で、一番惹かれたのは「ひるがおEX」というラーメン店でした。塩ラーメンをメインに扱うお店で、発券機には写真つきのアイテムが並んでいます。中国語や韓国語用のボタンもあって旅行者には便利ですね。カウンターにチケットを出すとブザーみたいなものを渡されるので、出来上がりがどの席でも分かるようになっています。暫く待つと、マナー状態でブルブル鳴りました。オーダーした「塩ラーメン」830円の出来上がりです。黄金色のスープに、チャーシュー・メンマ・白ネギなどが乗っています。スープは鶏ベース+魚介で、コクと旨味が空きっ腹に染み込んでいきます。思ったより上品で美味しい!麺は中細ストレート、少し柔らかめですが、喉ごしが良くスルスル入ってきます。チャーシューは味がしっかりついてる豚バラスライス。食べてる間に感じたのはホタテかな。あっという間に完食しました。もう少し麺が多めなら嬉しかったのですが、良いお味でした。
[店名]品川”ひるがおEX”

[URL]http://www.princehotels.co.jp/shinagawa/restaurant/shinakichi/

[住所]東京都港区高輪4-10-30 品川プリンスホテル

≪品川で訪れた店舗一覧はこちら≫