品川”丼ぶり屋 幸丼 本店 ”

品川大井町でランチを

まだまだ寒い日が続きますが、いくらか日が長くなりはじめました。品川区役所に用があって、午前中大井町に行きました。歩いていたら梅の花が咲いていて、そろそろ春の足音を感じますね。品川区役所は東急大井町駅前の通りを西に5分くらい歩いて、ガードをくぐった所にあります。区役所の用はすぐに済んで昼時になりました。何処で食べようかと思ったのですが、すぐ近くに以前から気になるお店があったのでチェックしてみることにしました。品川区役所前交差点の角に鋭角の建物があります。この2階建てで営業しているのは、「丼ぶり屋 幸丼 本店」といって、ラーメン店と丼ぶり専門店を数軒経営している株式会社クライチが出店しているお店です。大井町中心に店舗展開していて、品川駅港南口の「幸丼 東京品川」には行ったことがあります。カウンターだけの小さな店舗なので、ランチタイムなどはいつも満席です。元は人気のラーメン店「幸龍」が発祥で、丼ぶりの店舗に広がっていったようです。

品川の丼ぶり専門店

大井町の品川区役所近くにある丼ぶり専門店「丼ぶり屋 幸丼 本店」で、昼食を取ることにしました。細い三角の2階建てのお店、提灯や看板・ガラス窓に「丼ぶり屋 幸丼」と「龍虎」のイラストが描かれています。1Fはカウンターで7席、2Fはカウンターと小さいテーブルがあるようです。入り口横に発券機があり、丼ものとトッピング・テイクアウトメニューのボタンが並びます。丼ぶりは、バラ・ロース・カレー・ビビンバ・豚玉等をアレンジしたものです。今回は、「幸丼バラ (味噌汁、スープ割付)」690円のチケットを購入しました。1Fカウンターの端に座り、ネギ多めでお願いしました。待っていると、バーナーで肉を炙り焼きしているのか、香ばしい匂いがします。出てきた「幸丼バラ」はホカホカで、肉厚のチャーシューがゴロッと乗って、たっぷり刻みネギがかかって食欲をそそります。この店では身体に良い素材にこだわっていて、チャーシューは数十種類の栄養満点スープで煮込んあるとの説明書き。取り敢えず肉厚チャーシューを一口、最初香ばしい表面の歯ごたえを感じますが、すぐに旨味が口の中で溶けていきます。普通のチャーシューよりも味が複雑で美味しいです!甘辛で鰻の蒲焼き風なタレが、ご飯にも染み込んでます。時々山椒をかけて味を楽しみながら、ご飯と一緒に食べ進めます。残りが少なくなってきたらスープで、出汁割にします。スープによく混ぜてサラサラ食べると、梅の酸味でさっぱりでまた美味しい。2度楽しみながらガッツリ完食しました。癖になる美味しい丼ぶりでした。

[店名]品川”丼ぶり屋 幸丼 本店 ”

[URL]https://www.kuraichi.co.jp/store/don_store/

[住所]東京都品川区二葉1-9-8

≪品川で訪れた店舗一覧はこちら≫