品川区”とんかつ和幸 ニューシティ大崎店”

五反田から品川区大崎駅へ

9月も半ばを過ぎると、暑い日はあっても夏とは違う季節であると感じます。目黒線の不動前で打ち合わせがあり、五反田駅まで裏通りを歩いて戻る時、色づいた落ち葉が増えたのを見て秋の訪れを実感しました。年を取ると、時間の体感速度が早くなりますね。小学校の頃は夏休みがとても長く感じましたが、最近はあっという間に1年が過ぎていきます。五反田での用事が17時頃に終わりました。その後、友人と品川区の大崎で夕食をとる約束をしていました。この日は、とても天気がよく昼間は汗ばむ程でしたが、夕方になるととても過ごしやすくなりました。西の空ではサンセットが始まっていて、時間があったので大崎駅まで歩くことにしました。池尻から品川近くまで流れる目黒川沿いは、散歩やジョキングに適した道が作られています。五反田から大崎までぬける目黒川の東側も、気持ちのいいコースで、時間が出来ると散歩します。途中に「EL TRES」というイタリアンレストランがあり、タイミングが良いと、この辺りから見るサンセットはとてもキレイです。この日の夕日もキレイで、スマートフォンに入れたJazzを聴きながら気持ちのいい時間を過ごしました。

品川ニューシティ大崎のとんかつチェーン店

品川区大崎駅東口で、友人と待ち合わせしました。ゆっくり目黒川沿いを散歩して、18時に友人と合流。大崎駅東口駅前に立ち並ぶビル群に入った、飲食店の中から選んで食事をすることにしました。ニューシティ大崎店は、ビジネスビルやホテル等5棟からなるビル群で、地上3階建ての5号館が店舗棟となります。大きく「OHSAKI NEW CITY」と書かれて、けっこう昔からあります。調べると1987年オープンで、ドラックストア・スーパー・飲食店などが営業しています。2Fの飲食店街を歩いていると、「とんかつ和幸 ニューシティ大崎店」を見つけ、入店しました。とんかつ和幸は、有名なとんかつチェーン店で、安心できる味とサービスで、人気が有ります。大きなショーケースと、テイクアウト用窓口の間の入り口から入りました。テーブル席と珍しいカウンター席がある店舗です。いつもは、ロースかヒレを頼むのですが、今回はエビフライが食べたく盛り合わせの「あじさい」1620円をオーダーしました。しばらくすると、感じの良い店員さんが配膳してくれました。味噌汁・キャベツ・ご飯はおかわり自由です。お盆の上には、ご飯・味噌汁・漬物・とんかつ(キャベツ・ヒレかつ・エビフライ・カニクリームコロッケ)・茶碗蒸しがのっています。キャベツにはドレッシング、とんかつにはソースと辛子をかけていただきます。味噌汁はしじみで、味は濃い目、旨みたっぷりですするとホッと力が抜けます。ヒレは柔らかくてジューシー、衣がサクサクで美味しい!2本乗ったエビフライはプリプリで、添えてあるタルタルソースとの相性バッチリです。クリームコロッケを噛ると、サクサクの中から熱々トロトロの具が溢れてきます。茶碗蒸しも含めどれも美味しく、ご飯とキャベツをお替わりして、完食しました。

[店名]品川区”とんかつ和幸 ニューシティ大崎店”

[URL]http://www.wako-group.co.jp/

[住所]東京都品川区大崎1-6-5 大崎ニューシティ 2F

≪品川で訪れた店舗一覧はこちら≫