品川区大井町”丸 中華そば”

品川、大井町駅西側のラーメン店

品川でラーメン好きの友人と会い、打ち合わせしました。仕事の話が終わると、当然のようにラーメン話に花が咲きます。文化が成熟してくると、飲食でもファッションでも細分化が始まり、色々なスタイルが見られるようになります。ラーメン業界も然りで、それぞれのお店で素材や作り方を工夫して、シノギを削っています。ラーメンの場合、自分の好みのお店で修行して、暖簾分けされたり独立したりするようです。一風堂や天下一品のようにレシピと味を継承する場合と、大勝軒・横浜の家系のように店によってオリジナルの味を練り上げる場合が多くみられます。友人は魚介系の味が好きで、その系統のラーメン店情報を熟知しています。時間があったので一緒に遅い昼食を食べる事になったのですが、今回は彼のオススメ店に行くことにしました。お店は大井町で、煮干しラーメンで有名な「ラーメン凪」で修行した店主が昨年夏にオープンしたということです。「ラーメン凪」と言えば、日本だけではなく東南アジアにも出店しているチェーン店です。

品川、大井町の新店で雲呑ラーメンを食す

友人と昼食を食べるために大井町駅にやって来ました。JR大井町駅西側の中央口前はバスロータリー。駅を背にして右手が東急大井町駅で、左側には阪急のホテルを中心にした施設がかたまっています。どちらかというと、飲食店は右手の東急大井町駅側にまとまっていて、正面は真っ直ぐにバス通り、左右はオフィースビルが並んでいます。このメインストリートを歩いて行くと、東横INN品川大井町があり、その先右手に目的の店が見えてきました。ナチュラルな木を使った外観に「丸中華そば」の看板。店を入るとすぐ横に小さな券売機、店内はテーブル3卓にカウンター3席とこぢんまりしています。メニューは、中華・中華雲呑・味噌等で(煮干しは夜のみ)、味玉・肉・ネギのトッピングがあります。中華雲呑麺のボタンをポチッと押してテーブル席へ座りました。店主はまだ若く、手際よくラーメンを作っています。配膳されたラーメンはかなり濃い色のスープでボリューミー、トッピングはネギ・メンマ・チャーシューです。恐る恐るスープを飲んでみると、これが見た目と違ってマイルド、鶏と豚に醤油の旨味そして甘味も感じます。麺はツルッとした中太で平たいタイプ、少々縮れて茹で方は固め。麺を啜るとスープと絡んで、食感の良い美味しいラーメンです。雲呑は種が少なく、厚い皮と生姜の効いたひき肉で味が変わります。メンマは味濃いめ、脂身の多い厚切りチャーシューで完成度UP,たっぷりのネギは必要不可欠って感じです。丁寧に作られた美味しい一杯でした。

[店名]品川区大井町”丸 中華そば”

[URL]https://www.facebook.com/pages/%E4%B8%B8%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E3%81%9D%E3%81%B0/829827217119690

[住所]東京都品川区大井1-20-20

≪品川で訪れた店舗一覧はこちら≫