品川”吉利庵”

エキュート品川サウスの蕎麦店

打ち合わせの帰り、品川回りで戻る事にしました。京浜急行の品川駅で下車して、JRで乗り換えです。横浜方面からワインレッドの電車が到着、一旦地下に戻りJRに通じる改札を通ります。昔は、乗り換え切符が必要でしたが、今はスイカがあるので、便利ですね。JR品川駅構内は、エキュート品川として、飲食店やお土産/スイーツ/雑貨/本等を販売するお店が沢山出店しています。品川のように駅構内で、買い物や食事が楽しめる駅は、あまり多くありませんね。新幹線も乗り入れているので、駅弁も売ってます。地方から上京してくる知人は、毎回帰りにお弁当を食べるのを楽しみにしていると言っていました。
少し時間があったので、品川駅構内の本屋に寄りました。そこで、読んでいる時代小説の新刊をゲットしました。この小説に、「そば切り」を食べるシーンが度々出てくるのです。昼食を抜いていたので、近くに蕎麦屋があるのを思い出していってみる事にしました。品川駅のエキュート品川サウスにある「吉利庵」です。黒っぽい外観に「かき揚げ蕎麦 吉利庵」の切り文字、券売機が2台並んでいます。冷たい蕎麦と暖かい蕎麦があり、かき揚げだけではなく、たぬき/きつね他定番的なメニューは一通りそろってます。

品川駅でボリュームかき揚げ蕎麦を

品川で、乗り換え時に立ち寄ったのは、品川駅のエキュート品川サウスにある「吉利庵」という蕎麦店。発券機を前にして、少し迷いましたが一押しの「かき揚げ蕎麦」500円をポチッとしました。のれんを押して入ると、店内は明るいパインカラー。カウンターで店員さんにチケットを渡して、場所を確保しました。立ち食い蕎麦店にしては品の良い感じです。後で知ったのですが、この店は昔品川駅構内で営業していた「常盤軒」がリニュアルして出来たお店だそうです。
手際の良い、店員さんをみているとすぐに出来上がりました。そば切りが食べたかった〜。かけそばの上に乗るかき揚げは、厚みがあってデカイぞ。汁は甘みとコクがあって、旨味が染みます。蕎麦は、中太で腰があり汁と絡んで、ノド越しがいいですね。さて、小エビやタマネギの入ったかき揚げは、かなりハードな仕上がりで、ザクッという食感です。あとは、汁に浸して蕎麦と一緒にいただきます。かき揚げにボリュームがあるので、食べ終わると満腹になりました。

[店名]品川”吉利庵”

[URL]http://kichilian.jp/

[住所]東京都港区高輪3-26-27 エキュート品川サウス 1F

≪品川で訪れた店舗一覧はこちら≫