品川”梅蘭 ゲートシティ大崎店”②

品川でランチ

20年来の友達から連絡があり、半年ぶりに会うことになりました。午前中、用があったので二子玉川ライズに行きました。平日の昼前だというのに、子供連れのお母さんが溢れていてちょっとビックリしました。友達との待ち合わせで自由が丘まで、大井町線で向かいました。正面口のロータリーで待っていると、彼女は真っ赤な新車で登場しました。インテリアの仕事をしている彼女が、手に入れたのは5ドアのミニクーパーです。午後の予定もあったので、ドライブしながら品川方面に向かうことになりました。今のミニはBMWで作っているので、中身はドイツ車です。BMC時代と違って、サイズも大きく3ナンバーです。環八通りから317号線を遡り、山手通りを右折して大崎駅前に出ました。空腹になったので、大崎で昼食をとることにしました。ゲートシティ大崎に車を駐車して、屋内にはいりました。吹き抜けになったアトリウムで、飲食店をチェックしながら彼女のリクエストを聞くと、中華が食べたいとのことでした。

品川、ゲートシティ大崎で中華を

品川、ゲートシティ大崎にある飲食店で中華といえば、焼きそばで有名な「梅蘭 ゲートシティ大崎店」です。店の外観はいかにも中華街にありそうな、高級志向の派手目なタイプ。たしか横浜中華街からスタートして現在は20余店を展開しています。その中でも、このゲートシティ大崎店は130席の大型店舗です。ランチタイムは終わりに近い時間ですが、人気店だけあって7割以上席が埋っています。前回来店したのは昨年だったと思います。梅蘭は本格中華料理店なので、宴会コースから単品料理まで一通り揃っています。看板メニューは、ドカンと揚げそばが乗った焼きソバです。私も梅蘭に来ると殆ど焼きソバを頼みますが、夏場はもう一つ好きな料理があります。ということで、テーブルに案内されると、友人は「海鮮入り梅蘭やきそば 杏仁豆腐」のセット、私は楽しみにしていた「担々冷麺」をオーダーして、シェアすることにしました。一年ぶりの「担々冷麺」は、簡単に言うと冷たい汁なし担々麺に、テンコ盛りの野菜が山積みになっている形状。もやし・人参・三つ葉・青菜等が刻まれていて、ひき肉がたっぷり入ったピリ辛の少ない汁と混ぜながらいただきます。少し濃い目の担々麺の汁は、多くの野菜を混ぜて丁度いい味で、ツルッとした中太麺と一緒に食べると胡麻の香りと野菜がシャキシャキと口の中で混ざりあって美味しい!食べていると後から辛さがやって来ます。何軒かの支店で「担々冷麺」をいただきました、お店によって野菜の内容が少しずつ違いますが、どれもバランスが良くて美味しいんです。この料理は他では無いし、夏場しか食べられないので、年に1~2回食べるようにしています。普通の汁無し担々麺も好きなのですが、野菜たっぷり梅蘭の「担々冷麺」は食感といい・味といい・後味といい最高です。友人の「海鮮入り梅蘭やきそば」もいただいて、充実したランチになりました。

[店名]品川”梅蘭 ゲートシティ大崎店”②

[URL]http://www.bairan.jp/

[住所]東京都品川区1-11-1ゲートシティ大崎2F

≪品川で訪れた店舗一覧はこちら≫