品川”麻布茶房 ウィング高輪店 ”

品川、映画の帰りにご飯

4月も後半になって、暑くなってきました。今年のゴールデンウィークは、休みの取り方で9連休の大型になるので、楽しみにしている方が多いと思います。昔に比べると、フレックス対応している企業が増え、ゴールデンウィークに前後して交代で休みをとっているという話をよく聞きます。
普通のサラリーマンに比べ、ある程度時間が自由に調整出来るので、映画を観る時は平日に行くようにしています。一番利用頻度が高い映画館は、品川駅高輪口の品川プリンスホテル施設内にある「T・ジョイPRINCE品川」です。最初、品川プリンスの映画館に来たのはかなり昔です。当時、映画館の座席はまだ狭いのが普通でしたが、品川プリンス内の映画館は座席が広かったのです。今回は、ゴールデンウィークが始まる前に上映を終了してしまう映画を観に来ました。行きは、品川駅高輪口からウイング高輪脇の柘榴坂につながる道を上がって行きました。アクアパークやボーリング場等の娯楽施設が隣接しています。ロードショウが終わりかけた映画だったので、場内は貸し切り状態でゆっくり鑑賞出来ました。

品川のウイング高輪で美味しい焼きソバ

品川プリンスホテル内の映画館「T・ジョイPRINCE品川」で映画を観た後、何か食べようとホテル内を通ってウィング高輪店WESTまで降りてきました。ウィング高輪店WESTには、飲食店が沢山出店しています。ゴールデンウィークは日本の休日ですが、いい季節なので海外からの旅行者で賑やかです。B1~3Fまでグルっと回りましたが、満席のお店ばかりです。少ない選択肢の中から、本格的甘味・お食事処「麻布茶房」を選びました。お店の作りは、和テイストを現代風にアレンジした感じです。メニューも、和テイストではありますが、中華や洋食の要素も取り入れた料理になっています。特記すべきは甘味メニューが豊富なところです。今回選んだのは「栗豚とレタスのあんかけ焼そば」1180円です。お客さんを見渡すと、半分以上は中国や韓国からの旅行者のようです。どの国の女性も、スイーツを食べている時は、幸せそうな顔をしていますね。
「栗豚とレタスのあんかけ焼そば」は、白い皿に盛られて配膳されました。思ったよりもボリュームがあります。栗豚というのは、文字通り栗を食べて育った豚肉です。野菜もレタスの他、パプリカなど色鮮やかで、全体に醤油の効いたあんがたっぷりかかっています。腰のある縮れ中太麺と、食べやすいサイズの具のバランスが良くて、最後まで美味しくいただけました。以前、甘味をいただきましたが、麻布茶房は甘味も料理も美味しいお店です。

[店名]品川”麻布茶房 ウィング高輪店 ”

[URL]http://www.amaya-company.co.jp/azabusabo/

[住所]東京都港区高輪4-10-18 京急ウィング高輪 WEST 2F

≪品川で訪れた店舗一覧はこちら≫