土風炉 夢町小路 品川店

品川で江戸の雰囲気を味わう

品川駅を歩くと、様々な人達がいるので驚きます。駅の東、海側は再開発の結果、高層のビジネスビル群ができて多くの企業で働くサラリーマンが通っています。駅の西側は、高級住宅地と広い敷地のホテル街があり、旅行者やセレブが行き交います。海外の旅行者は昔に比べて、東南アジアの人が増えました。特に中国や韓国から来日する人が多く、高輪口の人混みで耳を澄ますと、日本ではないような錯覚におそわれます。それに加えて、乗り換えに利用する人もいて、年齢も職業も色々なタイプが歩いているのです。飲食店も充実しています。和・洋・中、高級店からファーストフードまで、品川駅周辺を探せば希望の料理が食べられます。
少し前になりますが、午前中港南口の得意先に伺って打ち合わせした後に、お客さんと昼食を一緒にとりました。連れて行ってくれたのは、品川インターシティB1Fにある大箱の居酒屋です。先日自由が丘でも行った、「土風炉」の夢町小路という品川店でした。

品川の居酒屋ランチ

品川駅港南口、高層ビジネスビル品川インターシティの低層階には、数軒の飲食店が出店しています。得意先の担当者が昼食に連れて行ってくれたのは、居酒屋チェーン「土風炉 夢町小路 品川店」でした。以前、前を通った時は興味がなかったので、外観も印象に残っていません。正面左が入り口で、右側はガラスの向こうで職人さんが蕎麦を打っています。店内に入ると江戸の街をコンセプトにした内装は、宮﨑駿監督のアニメ「千と千尋~」の風呂屋を思い出します。驚くほど広い店内には、カウンター・テーブル・個室・座敷等様々なタイプの席が用意されています。テーブルについてメニューをチェックすると、手打ちそば・定食類・丼ものと種類は豊富です。お客さんは「蕎麦+小天丼」のセット、私は自由が丘店で気になっていた「油淋鶏唐揚げ定食」を頼みました。「油淋鶏唐揚げ定食」は、鶏の唐揚げに長ネギ+甘い酢醤油のタレをかけた料理と、味噌汁・ご飯・漬物です。ベースのから揚げは、衣はカリッとして鶏肉はジューシーで、中華風の甘辛な味付けが最高です。ご飯自体もふっくら炊き上がって、美味しい。サラダには、マヨネーズが添えられ、途中でから揚げと一緒に食べると、また旨味が増します。やっぱり居酒屋のから揚げはよく出来ていますね。大満足の居酒屋ランチでした。

[店名]土風炉 夢町小路 品川店

[URL]http://www.tofuro.jp/

[住所]東京都港区港南2-15-2 品川インターシティ S&R棟 B1F

≪品川で訪れた店舗一覧はこちら≫