”天下一品 五反田店 ”

五反田で遅い昼食

前日の夜から何も食べずにプレゼンの準備をしてました。プレゼン先は五反田で、空腹を抱えたまま昼過ぎに得意先に向かっていると、飲食店の前を通るたびに食べ物に気を取られそうになります。五反田駅西口から大崎広小路駅方面に向い、目黒川を超えた辺りに”天下一品 五反田店 ”がありました。こういう時は店構えを見ただけで、あのラーメンスープの味が蘇ります。イメージを振りきって、仕事モードで打合せに望みました。ようやく終了したのが15時過ぎです。ホッとしたところで、心に鳴り響くラーメンコールに従い、五反田駅への戻り道”天下一品 五反田店 ”に立ち寄りました。”天下一品”は、1971年京都で創業者の木村氏がラーメンの屋台を引き始めたのがはじまりです。現在では天下一品グループとして、全国に245店舗を展開している大型ラーメンチェーンに成長しました。私が初めて「天下一品」のラーメンを食べたのは、池尻店で、もう30年近く前になります。当時、その味にすっかり魅せられて毎月のように通ってました。

五反田のこってりラーメン

”天下一品 五反田店 ”には初めて来ました。外見のデザインは他店と同じく、赤色をアクセントに筆文字のロゴが目立っています。店内に入ると、片面はカウンターで12席、もう片面はテーブル席で16席です。かなり混んでいましたが、カウンターに座れました。空腹だったので、「ラーメン こってり大盛り」850円「鶏唐揚げ」480円「餃子6個」350円をオーダーしました。15分ほど待つと着丼、栄養満点すぎるドロドロのスープを一口飲んで、幸せな気分になりました。麺は中太麺でスープと良く絡み、普通に食べてもズルズルスープを巻き込んできます。ネギ・メンマ・チャーシューが入っています。外カリカリで中がしっとり柔らかい鶏唐揚げは、スープに漬けながら食べると余計に美味しい。餃子は小ぶりでひとくちタイプです。最初は頼みすぎたと思いましたが、味を楽しみながらあっさり完食しました。お店に寄って多少味は違いますが、五反田店は美味しかった。前回は1月でしたが、きっと2~3ヶ月したらまた食べたくなります。ご馳走様でした。
236
[店名]”天下一品 五反田店 ”

[URL]http://www.tenkaippin.co.jp/

[住所]東京都品川区西五反田1-11-9 司ビル 1F


≪五反田で訪れたお店の一覧はこちら≫