”広州市場 五反田店”

五反田温まる夕食を

五反田でのイベントが考えていたよりも時間がかかり、終わったのが20時過ぎになってしまいました。薄着できていたため身体がすっかり冷えて、空腹が余計に拍車をかけてJR五反田駅に戻った頃には限界状態。五反田駅近くに勤める友人と合流し夕飯を食べる事になり、地域に詳しい彼に身体が温まる物をリクエストした所、近くに”広州市場 ”があるということですぐに向いました。五反田駅東口側から八ツ山通り沿いに2分程行くと”広州市場 五反田店”はあります。”広州市場”はワンタン麺を専門にするラーメン店で、素材のひき肉は挽きたて、種は職人による手捏ね、皮は極上の食感のもの、ワンタン自体は手包み等、ワンタン作りに拘った店です。都内西側に5店舗展開していますが、中目黒店には何度かいきました。店の外観上部の看板中央には「広州市場」、左右に「ワンタン麺のうまい店」「大きなワンタン7コ入り」と描いてあります。夏場は弱いですが、1年で最も寒いこの時期はゴールデンタイムでしょう、店内は満席にちかく混んでいるようです。

五反田のワンタン麺の専門店

中国の大衆食堂を思わせる店内は、カウンター10席・テーブル28席。奥のテーブルに座ってようやく一息つきました。「こだわりの手作りワンタン」と書かれたメニューには、看板メニューのワンタンがメインで載っています。基本の「広州雲呑麺」に「鳥と野菜」「海老」「三種盛り」「ネギ塩」「黒豚」、その他点心や油淋鶏等のおかず類も充実、酒もあります。この時間になると、仕事帰りに飲んでいるサラリーマンが多く店内はかなり賑やかです。私は「三種盛り雲呑麺」790円(三種類のワンタンを全て盛り合わせた)の塩味、友人は「広州雲呑麺」740円+牛すじ煮込み490円+ハイボールをオーダーしました。しばらく待つと出てきました。煮玉子半個、ほうれん草、メンマ、刻み白葱のトッピングと3種類のワンタンが計8個入ってます。肉雲呑はとろけるような食感、鶏と野菜雲呑はホウレン草がアクセント、海老雲呑はプリプリです。8時間煮込んだというスープはコクがありながらあっさりしていて、一口食べるごとに温かさが広がって幸せな気分です。麺は細めでツルツル、どちらかというと中華風です。ボリュームがあり満腹!改めて雲呑を見直した夜でした。美味しかった~ご馳走様でした。
広州市場
[店名]広州市場 五反田店

[URL]http://www.kosyuichiba.com

[住所]東京都品川区東五反田1-21-11


≪五反田で訪れたお店の一覧はこちら≫