恵比寿”こずち”

お洒落な恵比寿の大衆食堂

恵比寿といえば、若い女性や業界人が集まるお洒落な街として認知されています。飲食店もCafeや新しいレストランが多かったりで、街全体のイメージアップにつながっているようです。ある程度リーズナブルで安定した味を提供してくれるのは飲食チェン店ですが、反面飽きてしまいますね。定食のような食事を取りたい時、ランチタイムなら意外に良いのは居酒屋さんのメニュー。ボリュームがあって、味の濃いおかずが食欲をそそります。お蕎麦屋さんも定食セットを出している店がありますね。先日、恵比寿に買い物で寄った時、空腹を覚えたのですが、何となく日本の家庭的な食事を取りたくなり店を探しました。探していたのは昔からある定食屋さんですが、恵比寿ではあまり見たことがありません。そんな時、恵比寿1丁目交差点近くに昔からある定食屋さんを思い出しました。有名な「JAPANESE ICE OUCA」というジェラード店の近くです。初めて恵比寿に来たときからあるので、かなり昔から出店している古い大衆食堂です。

恵比寿で味わう庶民の味

恵比寿1丁目近くの古い大衆食堂は「こずち」といいます。恵比寿駅西口から徒歩2~3分、看板に「めし処 こずち」、古く大きな暖簾には「お食事処」と描かれています。最初見た時は、一杯飲み屋かと思いました。ググってみると1957年から60年も営業している老舗です。年季の入った店内はカウンターだけで20席ほど、オープンな厨房は広くて沢山の人達の為に料理を作り続けて来たのがわかります。頭上に並んだメニューは、ハンバーグ定食・やきうどん・やさい炒め定食・レバニラ炒め定食・肉ニラ炒め定食・肉やさい炒め定食・カレーライス・チャーハン・牛バラ定食・肉生姜定食・とんかつ定食等です。以前この店の話をしていた友人が薦めていた「肉生姜定食」850円を注文しました。テキパキと働く厨房の人達は、連携良く料理を作り上げていきます。味噌汁・ご飯と一緒に出てきた料理は、想像以上のボリューム。千切りのキャベツにポテトサラダが添えられ、メインは分厚いロース肉がタレに漬けられ焼かれています。厚みのある柔らかい肉は、甘みのある醤油とほんのり生姜の風味でとても美味しい。ポテトサラダも絶品でご飯がすすみます。とても懐しい庶民の味に大満足の定食でした。

[店名]恵比寿”こずち”

[URL]https://r.gnavi.co.jp/77uy9kk90000/

[住所]東京都渋谷区恵比寿1-7-6 陸中ビルハイツ 1F

≪恵比寿で訪問した店舗一覧はこちら≫