恵比寿”チャモロ”

恵比寿の老舗洋食店

午前中、恵比寿で打合せ。打合せはアトレ恵比寿の有隣堂隣のCafeでしていたのですが、終わって本のチェックしていたら友人と合いました。20年以上前に恵比寿の企業で同じプロジェクトで働いていた仲間です。お互いの出始めた腹を指差して笑いながら、ランチを食べようと言うことになり、当時良く通った店に行ってみることにしました。長いエスカレーターで西口ロータリー側におりて、駒沢通りを中目黒に向い歩き始めると、飲食店が並ぶ通りです。当時に比べると、ここら辺りの店は殆ど入れ替わってしまいました。恵比寿南交差点にあるタバコ屋さんを左折すると、昔のままの懐しい看板がありました。地下への降り口上にオレンジ色でレストラン”チョモロ”。外にはメニューがかかっていますが、少し値段が上がったみたい。細い階段を下ると、右側にあるお店が”チャモロ”です。ドアを開けると昔のまま狭いイメージ、店員さんが笑顔で迎えてくれました。店内にはテーブルが5つほどあり、12時半だったのでほぼ満席でした。友人によると、この時間は普通待たされるのですが、けっこう雨が降っていたのですんなり座れたんだとのこと。

恵比寿で名物オムライス

20年ぶりに友人と入った恵比寿の”チョモロ”は、やはり古くて狭いけど満席です。ランチタイムメニューは1000円以下で、牛タン塩焼き・ボルシチ・オムライス・カツカレー・ハヤシライス・ハンバーグ等、1500円で牛タンオムライス・エビフライオムライス・きのこオムライス・300gハンバーグです。昔はボルシチが好きで良く食べた記憶がありますが、今は殆どの人がトッピング有りのオムライスを食べています。お勧めの「やわらか厚切り牛タンオムライス」サラダと味噌汁、ドリンク付きを頼みました。10分以上待つ間に、入り口では入れないお客さんが名前を告げて外に出ていきます。運ばれてきた皿は相当なインパクト。ふわとろのオムライスの上に、大きくて厚く切られた牛タンがドンと鎮座してたっぷりソースが掛かってます。じっくりと煮込んだタンは箸で押すと簡単に切ることができる柔らかさで、口に入れると噛まなくても溶けてしまう。ふわふわとろとろの卵とバター風味でコショウが程よく効いたライス、柔らかいタンを一緒に食べると、噛みしめるたびに美味しさが口に広がってホッペタ落ちそう!毎日、美味しい料理を作り続け40年以上商売をしているのは、凄いことですね。元気をいただきました。ご馳走様でした。
チャムロ
[店名]恵比寿”チャモロ”

[URL]https://retty.me/area/PRE13/ARE7/SUB701/100000034095/

[住所]東京都渋谷区恵比寿南1-2-8 雨宮ビル B1F

≪恵比寿で訪問した店舗一覧はこちら≫