恵比寿”旭川らあめん うえだ”

恵比寿ラーメン激戦区

恵比寿の出力センターにやって来ました。印刷物を依頼した後、久しぶりに恵比寿駅周辺をまわりました。平日にかかわらず、JR西口改札から日比谷線に向かう通路は沢山の人が歩いています。昼時で、最近できたアトレ新館1FのCafeには行列が出来ています。覗き込むと、ハンバーガーをメインにしているようで、ガラス張りで女性客ばかりの店では皆さんバーガーに齧りついています。多少空腹になり新館を上がって店を探しましたが、女性向けのお店が多くボリュームにかける感じです。連絡通路から本館3Fに渡りました。アトレ恵比寿本館3Fは東口改札に直結していて、この時期になるとクリスマスの飾り付けが始まっています。いつものように5Fの有隣堂で新刊のチェック。何が食べたいか考えていましたが、悩んだ時はラーメンです。昔、恵比寿はラーメンの有名店が多く、地方からもお客さんが訪ねて来ましたが、移転や閉店で一掃されました。最近また、恵比寿へのラーメン店出店が増えて、激戦区と呼ばれ初めています。

恵比寿でランチラーメン

恵比寿駅周辺のラーメン店は色々食べているので、今回は行ったことのない店を探すことにしました。西口ロータリーから駒沢通りを西に向かって歩いてみました。この通り沿いには「らーめん香月」や「天下一品」、「山田」などの有名店がありましたが、閉店しました。裏通りを行くと駅の近くに「旭川らあめん うえだ」を発見。表のランチセットメニューに惹かれて入ることにしました。扉を開けて、満席に近い15席のカウンターに空きを見つけて座りました。旭川と言えば、北海道旭川市周辺のご当地らーめんで、魚介と豚骨・鶏ガラでだしをとったWスープで醤油ダレが多いようです。ランチは、塩か醤油ラーメン+餃子3個+ご飯で880円です。醤油セットを頼みました。感じの良い老夫婦と若い店員さんが忙しそうに動いています。暫く待つと着丼しました。具はチャーシュー、ネギ、メンマです。まず、スープを一口、色の濃い魚介+豚骨+醤油は思ったよりもまろやかで、旨みたっぷりです。旭川の加藤ラーメンから直送される麺は、超低加水で縮れ細麺です。縮れ麺はスープによく絡み、ポソッとした食感は見事なまでにマッチングしています。チャーシューは箸で千切れる柔らかいタイプで、このラーメンにピッタリです。バランスが良くて、口当たりが良いのでどんどん食べ進んでしまいます。餃子はオーソドックスで具がたっぷり。ご飯と交互に食べて満腹になりました。懐しい美味しさで満足しました。
%e6%97%ad%e5%b7%9d%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%81%86%e3%81%88%e3%81%a0
[店名]恵比寿”旭川らあめん うえだ”

[URL]http://www.asahikawa-hil.jp

[住所]東京都渋谷区恵比寿南1-1-3 マツダイビル 1F

≪恵比寿で訪問した店舗一覧はこちら≫