”手延べうどん 水山”品川

品川エキュードのうどんチェーン

昔の品川駅には、立ち食い蕎麦かお弁当屋さんぐらいしかなかったけど、今ではすっかり様変わりして、構内で買い物も飲食も出来る店が増えました。品川駅を利用することが多いので、大分飲食店で食事しましたが、まだ食べていないのが”手延べうどん 水山”品川です。”手延べうどん 水山”は、エキュート品川サウス1Fにある文字通りうどん専門店で、沢山の飲食店を経営するサガミチェーンのブランドチェーンです。飲食店が並ぶ一角、カレー店”camp品川”の隣にあります。光る「水山」ロゴの下を通って店内に入るとダシの香りがおいしそう。手前にカウンター席、奥にテーブル席が数卓、全部で20席くらいかな。ランチタイムも一段落した時間なので、すんなりカウンターに座れました。メニューは、季節物で「あさりと桜海老のにぎわいうどん」790円・「春の天ざるうどん」834円、名物で「水山ちゃんぽんうどん」695円「黒酢あんかけうどん」788円、定番で「チゲちゃんぽんうどん」760円・「カレーうどん」704円・「釜揚げ」463円・「海老天釜玉うどん」658円、定食「天丼定食」778円・「カツ丼定食」797円、そして蕎麦類、酒と肴等充実しています。

品川で手延べうどん

”手延べうどん 水山”品川店は初めてだったので、何を食べるか迷いましたが名物という「黒酢あんかけうどん」をオーダーしました。カウンター内の厨房で忙しそうに働いている店員さんを覗いていると、着丼しました。たっぷり入った野菜などが卵で閉じられてネギが乗ってます。昆布とかつおぶしからとった出汁が染み込んだおうどん、卵とじになっているので中は熱々です。黒酢の酸味とラー油のピリッとくる辛さの中、はくさいは噛むほど甘みが出てくる。ホタテ貝・イカ・エビ等の魚介もたっぷりと入ってます。麺は、丸みを帯びたやや平打ちっぽく、表面がいかにもツルツルとしていて食べやすいうどん、手打ちのせいか太さはランダムです。スパっと前歯で容易に千切れますが、最後に残る弾力感が良い食感です。黒酢の酸味とラー油と辛さがマッチングした美味しい一品でした。ご馳走様でした。
手延べうどん水山
[店名]”手延べうどん 水山”品川

[URL]http://www.ajino-mingei.co.jp/business/suizan.html

[住所]東京都港区高輪3-26-27 エキュート品川サウス 1F


≪品川で訪れた店舗一覧はこちら≫