日高屋 西五反田1丁目店

五反田、寒冬の夜食

1月になって寒くなってきました。昨年12月の間は、思ったよりも天気がよく暖かい印象があったのですが、昨日とうとう大雪降りました。大陸から寒気が下ってきて、東京でも記録的な雪になりました。前日からネットの天気予報をチェックしていましたが、時間通りに気候が変化していくのに驚きました。最近の天気予報は驚くほど正確になってきましたね。一夜にして、関東一円を真っ白く綿化粧、朝起きるとすっかり景色が変わっていました。晴れ渡った冬空下の雪景色、東京では中々体験出来ません。朝は、残った雪で路面が凍結している場所がありましたが、午後になると夢だったように雪は溶けてしまいました。
夕方から五反田で打ち合わせがあり、長引いて終わったのは10時近くなっていました。西五反田の街から雪は消えてしまいましたが、冷え込みがきつく寒冬の夜になっていました。空腹だったので、厚手のジャケットにマフラーをしても、鳥肌が立つほど寒い五反田の街を夕飯を求めて歩き出しました。

五反田の熱烈中華食堂

極寒の五反田の街で、さっくり身体が温まる夕飯が食べたいと思い、思いついたお店に行ってみましたが、一軒目のラーメン店は長蛇の列、2軒目は閉店していました。空腹をかかえて大通りを歩いていると、煌々と輝く白い看板に「日高屋」のロゴが目に入りました。「日高屋」と言えば、全国に400店舗余を展開する有名中華チェーンです。リーズナブルで、麺物・ご飯物・サイドメニューと料理が充実、素材にも拘っています。寒さが我慢できず、入店しました。テーブルについて、メニューを見ると、グランドメニューの他にシーズンメニューがありました。その中から「五目あんかけラーメン+餃子6個セット」790円をオーダーしました。この時間なのに、店内は結構混んでいます。五目あんかけラーメンは、醤油ベースで、具はうずらの卵・小海老・キャベツ・豚肉・人参・かまぼこ・玉ねぎ等盛り沢山。コクがあるあんかけスープの中から現れたのは、柔らかめの縮れ平打ち麺です。麺を啜ると、トロトロのコクと野菜の甘味があるスープが絡んで美味しい。一口啜るたびに身体が暖まってきます。餃子は、モッチリした皮の片面がカリッと焼けて、ジューシーな餡が中にたっぷり入ったベーシックタイプです。「日高屋」は化学調味料の使用を避けて素材に拘っているせいか、味がとても優しく感じられました。温まった身体で帰途につきました。

[店名]日高屋 西五反田1丁目店

[URL]http://hidakaya.hiday.co.jp/

[住所]東京都品川区西五反田1-26-2

≪五反田で訪れたお店の一覧はこちら≫