東方紅 アトレ恵比寿店

アトレ恵比寿6Fレストラン街

年に何度か会う20年来の友人と、打ち合わせを兼ねてランチを取ることになり、JR恵比寿駅東口で13時に待ち合わせをしました。平日にも関わらず、複数の路線が乗り入れている恵比寿駅は沢山の人が行き交っています。JR恵比寿駅東口改札は、アトレ恵比寿と恵比寿ガーデンプレイスとの連絡口になっていて、スーパー・惣菜店・飲食店が並んでいます。私的にはハンバーグが良いかなと思っていましたが、彼女は中華の点心がご希望ということで、取り敢えずアトレ恵比寿6Fのレストラン街に移動しました。久しぶりに訪れましたが、13時回っているのにも関わらずお店はどこも混んでいます。年配の女性客が多いのが目に付きます。「つばめグリル」を覗いてみましたが、結局中華にしようということになり、「東方紅 アトレ恵比寿店」に入る事になりました。この店に入ったのは随分前だったと思いますが、別の店だったかもしれません。ショーウインドウに代表的な料理見本、立て看板には季節の料理がのっています。

アトレ恵比寿中華ランチ

アトレ恵比寿6Fのレストラン街にある「東方紅」は、ダーク茶系の内装でシックな雰囲気の中華料理店です。テーブルが多く、カウンター数席を含め50席弱。奥の席に案内されました。友人がこの店を選んだのは、最近流行りの「焼き小龍包」があるという情報だったのですが、残念ながらおいてありませんでした。代表的な中華料理と、mizkanとの春用コラボメニューがあります。友人は、セットメニューBからメインディッシュ「牛の角煮」1600円弱を選びました。それ程待たずに配膳されました。ゴロゴロ大きな角煮が乗ったメイン、点心3個(餃子2・焼売1)中華スープ・ザーサイ・杏仁豆腐・ご飯のセットです。角煮は甘辛のタレがたっぷりかかって、青梗菜が下にひいてあります。一口食べて驚きました、味付けが本格的なのです。柔らかく味が染み込んでいて本当に美味しい!餃子と焼売はそれぞれ餡がぎっしり詰まって、市販のものとは一味違った旨味が広がります。玉子野菜スープは優しい味、ザーサイは美味しい箸休めです。ご飯をお替りして、目玉焼きのような杏仁豆腐をいただいて完食しました。角煮の量が多かったのでかなり満腹になりました。店を出る時にカウンター向こうの厨房で話すシェフを見たら、中国の方でした。お客さんも中国圏の方が混じっていて、本場の味の証ですね。

[店名]東方紅 アトレ恵比寿店

[URL]http://touhoukou.co.jp/index.html

[住所]東京都渋谷区恵比寿南1‐5‐5 アトレ恵比寿 6F

≪恵比寿で訪問した店舗一覧はこちら≫