瀬戸うどん 高輪三丁目店

高輪のうどんチェーン

品川駅高輪口には、プリンス系のホテルチェーンがあります。そのため、平日でもウィング高輪から品川駅につながる第一京浜の横断歩道周辺は、旅行者中心に沢山の人が行き来しています。品川駅港南側が再開発され高層オフィースビルが立ち並び、一気にサラリーマンが増えました。この時期、桜の季節は中国や韓国など東南アジアからの観光客がごっそり訪れます。品川駅で電車を降り、改札を出るとサラリーマンや観光客が溢れています。
高輪口側は、この地域に集まる人数に比べ飲食店が少ないように感じます。飲食店は、品川プリンスホテルに隣接したウィング高輪とその周辺に集まっています。
昨日、打ち合わせで品川駅に行った時、高輪口の人の多さに驚きました。打ち合わせの為Cafeを探すも、混んでて一苦労。一周りして、老舗喫茶ルノアールで漸く席を見つけました。打ち合わせが終わると、日が暮れて夕食時でした。空腹だったので、お客さんと一緒に軽く夕飯を食べることにしました。そこで、すぐ隣に牛丼店とうどん屋さんが出店しているのを見つけました。

高輪で夕飯の天丼セット

品川駅高輪口から第一京浜道路を泉岳寺方面に少し歩くと、牛丼チェーン「すき家」と「瀬戸うどん 高輪三丁目店」が隣接して出店しています。「すき家」は以前にも食べたことがありましたが、「瀬戸うどん」は初めてみるお店でした。2つの店は同じスペースを2つに分けている珍しいパターン。後で調べると、2軒は同じゼンショーグループの経営でした。ゼンショーグループは、「すき家」「COCO’S」「BIG BOY」「MORIVA COFFEE」「華屋与兵衛」「瀬戸うどん」など有名チェーンを経営しています。
「瀬戸うどん」前の、写真付きメニューが美味しそうで、入店しました。店内はテーブルとカウンター席、奥に注文カウンターがあります。注文カウンターは食堂のように、トレイを持って順番を待つ半セルフタイプです。ハンバーガー店のように、カウンター上部にはメニュー写真があります。かけ・ぶっかけ・ざる・かまあげ・丼ぶり・セット物などから、「かけうどんミニ天丼セット」530円をオーダーしました。結構混んでいましたが、テーブル席に着くことが出来ました。うどん汁は、昆布&かつお節の出汁が効いて少々甘め、麺はムッチリと腰があって中々美味しいです。濃いタレが染みた天丼は、店舗揚げたらしく良いお味。最近、はなまるうどんの店舗をよく見かけますが、内容は互角ですね。美味しくいただきました。

[店名]瀬戸うどん 高輪三丁目店

[URL]http://seto-udon.jp/index.html

[住所]東京都港区高輪3-25-23

≪高輪で訪れた店舗一覧はこちら≫