”無添加焼きそば BARチェローナ”白金高輪

白金高輪に「ミート矢澤」系列新店

先日、上京してきた友人と「ミート矢澤」系列のとんかつ店「あげ福」に行って美味しかったので、今回も「ミート矢澤」系列の店に行くことにしました。友人との待ち合わせは東京メトロ南北線の白金高輪駅です。白金タワー下のクイーンズ伊勢丹白金高輪店前で集合して、古川橋方面に歩くと、橋手前のビル1Fにこぢんまりした店舗が見えてきました。お店の名前は”無添加焼きそば BARチェローナ”と言い、昼は無添加の材料を使用した焼きそばの専門店、夜はワインとタパスと鉄板料理のバーです。10坪程度の敷地の店舗内に、鉄板の周囲を囲むように歪な曲線を描いたカウンター席15席が設けられています。カウンターテーブルに特注の鉄板を導入し、目の前で健康的な自然食材で作った焼きそばを焼き、無添加の特製ソースをかけて、出来たてを食べてもらいたいとの事です。待ち合わせは14時でランチタイムに間に合いました。店は半分くらい埋まってました、お客さんは全員男性です。入り口近くが空いていたので、着席すると若い店員さんから焼くのに時間がかかりますが大丈夫ですかと確認されました。

白金高輪の焼きそば専門店

白金高輪の”無添加焼きそば BARチェローナ”は、「ミート矢澤」系列で今年5月にオープンした新店です。「無添加焼きそば 大盛り」1050円を頼みました。こだわり素材は生麺・オリジナルソース・豚肉・旨味粉・青のり・生姜・油・卵・キャベツ・天カスで、化学調味料・人工甘味料・食品添加物が一切使われていないと強調してあります。店内の黒板に夜のメニューが書かれていますが、焼き物中心で結構バラエティーに富んでいます。昼は焼きそばですが、肉物を食べてみたいものです。作り方はこんな手順です。焼きそばは注文が入ると麺を茹で始め、時間が来たら麺を湯切りし冷水で洗って締めます。麺を熱した鉄板に広げ、上にキャベツを乗せ、脇で豚肉と目玉焼きを焼きます。焼きあがった豚肉も一口大に刻んで乗せ、全体が焼き上げたところでソースを掛けてひっくり返し、旨味粉(魚粉)・青海苔・天かす・目玉焼きをトッピング。刻み甘酢生姜を脇に添えてようやく出来上がりました。麺は中太でツルツルで、食材は全て無添加にこだわっているだけあって食感はとても良く、甘めで後口サッパリのソースと絡んで美味しいです。化学調味料入りの食べ物は舌がピリピリして後味の悪さが残るんですが、これはスッキリです。天かすの風味と目玉の黄身のコク、甘酢生姜の爽やかさで焼きそばの味わいが増し満腹になりました。
無添加焼きそば BARチェローナ
[店名]”無添加焼きそば BARチェローナ”白金高輪

[URL]http://beatus.co.jp/celona/

[住所]東京都港区白金1-3-14 スリーエムコーポ 1F

≪高輪で訪れた店舗一覧はこちら≫