目黒 クルン サイアム

目黒区自由が丘の人気店

11月に入ってから、秋晴れが続いています。それでも、気温は次第に下がって、月初は昼間20℃あったのに、月中には15℃です。空気も乾燥してきて、ストーブと加湿器をだしました。四季のある日本では、季節ごとに食材が変わりますが、秋は特に美味しい料理が食べられます。目黒では秋のはじまりに、「目黒のさんま祭り」が行われます。この「目黒のさんま祭り」は、1996から行われています。きっかけは、古典落語の「目黒のさんま」だということです。集客数が多くタイミング良く行かないと食べ逃がす事もあるのですが、そこはお祭りということで。
話は変わりますが、今回はタイ料理です。中華料理は別にして、東南アジア料理は辛いものが多いですね。何故か、エスニック料理という表現で女性の間でブームになっていました。目黒にも、タイ料理のお店が沢山あります。
20年来付き合いがある女友達と、久しぶりに昼食を食べる約束をしました。待ち合わせ場所は、目黒区の自由が丘です。ランチタイムに間に合うように、13:30に東急東横線自由が丘駅正面口で集合しました。

目黒区で有名な絶品タイ料理

目黒区自由が丘は女性が多く集まる場所で、女性好みの料理を用意している飲食店が多く見受けられます。この日は良い天気で、平日なのに結構人がでていました。ランチを食べる店は女友達にまかせていたのでついていくと、ロータリー正面にある本屋の脇道を真っ直ぐ2~3分の所に入り口の扉がありました。ピンクの扉の前には、写真付きのランチメニューが乗っていて、どうやらタイ料理店のようです。お店の名前は、「クルン サイアム」。タイの写真やポスターが飾られた階段を上っていくと、WOODの床とテーブル、ピンク系の柔らかな壁にきれいなライトとお洒落な店内です。お店は女性客で満席に近く、一卓だけテーブルが空いていました。友人の話によると、この店は目黒でも有名な人気タイ料理店で、12時頃だと行列出来ているそうです。ランチメニューはタイの代表的な料理が10種類くらいで、1000円前後です。オススメの「ガイ・バット・ガイガパオ・ラート・カオ」1000円と「バッ・タイ」1080円を頼んでシェアすることにしました。しばらくすると、スープと春巻きが配膳され、その後料理が届きました。料理は簡単に言うとガパオとタイ風ビーフンです。スープは酸味の強いトムヤンクン風な味で、レモングラスが効いています。生春巻きはシソの薫りが強く、モッチリとした皮と新鮮な野菜が良い食感です。大き目な海老が乗ったバッ・タイにレモンを絞り、添えてあるもやしとクラッシュナッツを混ぜていただきます。味は濃厚な甘辛で、ビーフンはもやし・干し海老・鶏肉・パクチー等が絡み合って、むちゃくちゃ美味しい!ガパオライスは、楕円の皿にタイ米+目玉焼きと、ひき肉料理がたっぷり乗っています。ナンプラーとオイスターソースで味付けられたと思われる荒目のひき肉には、玉ねぎ・ピーマン・パプリカが彩りを添えて、ピリ辛でこちらも濃い目の味付けです。汁が多めで、タイ米と一緒に目玉焼きを一緒にいただくと最高!どちらも、今まで食べたタイ料理中でもトップクラスの美味しさでした。是非また寄って、別の料理をいただきたいと思います。

[店名]目黒 クルン サイアム

[URL]http://www.krungsiam.info/

[住所]東京都目黒区自由が丘2-11-16 エクセレンスビル 2F

≪目黒で訪れた店舗一覧はこちら≫