目黒”かず屋”

目黒激戦区はずれのラーメン店

夕方仕事が終わった後に、目黒駅で友人と待ち合わせしました。友人はラーメン好きで、夕飯を一緒にと言ったら当然ラーメン店行きです。目黒は飲食店が多いのですが、特にラーメン店が密集しており、激戦区として有名になりました。目黒駅の東側はオフィースビルが建ち、西側の権之介坂には飲食店が多く、ラーメン店もこの周辺に出店しています。目黒で食事をすることが多い私も、ラーメンが好きなので一通りの店で食べたことがあります。この辺りの噂を聞きつけて、地方から来るラーメンマニアもいるようです。調べてみると、目黒駅周辺で20軒以上あります。18時に目黒駅で友人と落ち合い、取り敢えず駅前のスターバックスでお茶をしながら、話を聞いていると、神奈川在住なのに関わらず流石によく調べてあります。彼のリクエストを聞くと、有名らしいのですが、私の知らないお店で、駅からは随分距離があるようです。お店の名前は支那そば”かず屋”と言います。

目黒支那そば屋のワンタン麺

19時になったので、目黒の支那そば”かず屋”に向いました。JR目黒駅西口から、権之助坂を下りきり目黒川を超え、目黒通りを渡り大鳥神社を左折、下目黒郵便局の先にありました。店舗上部のサインボードには店名と龍の絵が描いてあります。店内に入ると右手に厨房とカウンター11席、左手に3卓のテーブルで14席。カウンター席に座りました。メニューは、ラーメンでは大きく分けて3種類、「支那そば」「つけ麺」「担々麺」で、それぞれ「ワンタン麺」「チャーシュウ麺」「ワンタン」「チャーシューワンタン麺」です。サイドメニューは、「餃子」「ワンタン」「麦ごはん」「角煮丼」等。友人のオススメで「ワンタン麺」1030円と「餃子」600円をオーダーしました。厨房を覗きながら待つと、着丼しました。ワンタン麺は、ワンタンが6個、しょうゆベースのスープにストレート細麺、ネギ・海苔・チャーシューが乗ってます。スープは鳥・豚など中華スープをベースに、煮干・昆布・サバ節などを加え、バランスのとれたサッパリ醤油味。めんはモッチリ・プリプリとした食感で、するする入ってきます。ワンタンは、薄皮トゥルトゥルに中身がみっちりです。「餃子」は皮がもっちり厚めで焼き目はカリッとした食感。東京ラーメン系のワンタン麺は絶品で大満足です。担々麺も有名らしいので、次回は是非食べてみたいと思います。
かず屋
[店名]目黒”かず屋”

[URL]http://www.kaduya.co.jp/

[住所]東京都目黒区下目黒3-2-4


≪目黒で訪れた店舗一覧はこちら≫