目黒の賃料相場は恵比寿より割安感アリ

目黒エリアの飲食店賃料相場は20,000円前後

飲食店.comの調べによると都内山手線各駅での飲食店舗相場で目黒駅周辺の平均坪単価は 20,647円となっています。最高坪単価は55,556円、最低坪単価は9,311円です。平均値と最高値では約倍以上の開きがありますが、これはやはり駅前など人の多いエリアでのテナント料が高いためだと思われます。

賃料分布でみていくと、賃料20~40万円の店舗が全体の約 4割を占め、40~60万円、20万円未満と続きます。全体的な相場観としては、目黒で店舗を開き際は40万円前後ほどの賃料が多いというイメージですね。さらに目黒の過去4年ほどの平均坪単価の移り変わりを見ていくと2013年は21,202円、2014年は21,319円、2015年は20,774円と、ほぼ20,000円前後の金額で推移しています。

目黒同様に飲食店街のイメージが強い恵比寿との比較

それでは恵比寿との飲食店舗賃料相場を比べてみたいと思います。両エリアとも飲食店街のイメージが強いエリアとなっていますが、平均坪単価について恵比寿は約30,000円ですので10,000円以上の開きがあります。10,000円と聞いただけではあまりイメージが沸かないかと思うので実際に簡単な計算をしてみましょう。

重要なのは坪単価であるということです、20坪のお店を出した場合では、20×10,000=200,000円。1ヶ月だけでこれだけの差があります。これを1年で計算していくと約240万円の差となっ ていきます。どうでしょう?このように計算してみるとコスト的にかなりの差になっていることがわかりますよね。

もし恵比寿、目黒界隈で飲食店舗の開業を考えている場合、これだけの差があるということです。予算的な問題を考えると人は多いかもしれませんが恵比寿に出店するということはかなりハイリスクハイリターンであるということになります。それに比べて目黒は都内全体的に見てほぼ平均値的な賃料相場かと思います。恵比寿か目黒で迷った場合は、まず目黒でが正解かもしれません。