目黒”バーミヤン 碑文谷店”

目黒の碑文谷へ

目黒で碑文谷って地名けっこう耳にします。場所でいうと、目黒通りと環状7号線の交差点あたりです。碑文谷で一番有名なのは、サレジオ教会かな。随分昔になりますが、松田聖子が結婚式をあげた教会ですね。大きな池のある碑文谷公園は、少し前の事件で世間を賑わせました。後は、碑文谷警察署やイオンスタイル碑文谷店などがあります。
この日は、イオンスタイル碑文谷店で買い物をしようと、JR目黒駅からバスに乗りました。バスは目黒通りを走っていきます。イオンに行く前ゆうちょ銀行に立ち寄るため、少し手前でバスを降りて目黒郵便局に向かいました。
目黒郵便局前の交差点から目黒通りを下って行くと、500m位行った所に中華レストラン「バーミヤン碑文谷店」がありました。目黒通りを通過する車の客がメインなのでしょう、1Fは駐車場で、2Fが店舗の作りです。イオンスタイル碑文谷店に行って買い物をした後、空腹になったので、店内で食事をしようと思いましたが、いい店がなかったので、バーミヤンに行くことにしました。

目黒通り沿いの中華ファミレス

目黒”バーミヤン 碑文谷店”は、案外広く3割ほどの入りです。豊富な中華料理のメニューからオカズ3品とご飯を頼みました。
「2種ソースで仕上げた油淋鶏」599円・「肉味噌きゅうり」299円・「本格焼餃子 6個」239円とご飯をオーダーしました。
「2種ソースで仕上げた油淋鶏」、カリッと揚げられた鶏の下に、サニーレタス(?)添えてあるのはトマトと白ネギ、酸味のあるソースがかかっています。このソースだけでも十分美味しいのですが、別皿で特製のゴマだれもついています。このゴマだれには辣油がたっぷり入ってかなり辛いです。まずは、甘辛ソースで揚げ鶏を齧る、ジュワッと旨みが溢れてこれだけでも美味しい。そしてレタスやトマトと一緒にいただくと、ご飯が進みます。半分ぐらい食べたところで、特性ゴマだれをかけると辛旨くて、インパクトがプラス。
「本格焼餃子 6個」、中華チェーンではどこでも餃子は必ず用意されています。バーミヤンの餃子は他のお店に比べて重量感があります。ニラ・キャベツ・肉・ねぎ等の具がギュっと詰まっています。醤油+辣油+お酢で作ったタレを浸けていただきます。皮がもちっとしてボリュームがあり、食感最高です。
「肉味噌きゅうり」シャキッとしたキュウリに濃厚な肉味噌が、ナイスマッチングで、ご飯にもお酒のツマミにもピッタリです。昔、採れたてのキュウリに田舎味噌をつけて食べたのを思い出しました。
美味しいオカズばかりで、ご飯が進みます。お替わりして、満腹になりました。

[店名]目黒”バーミヤン 碑文谷店”

[URL] http://www.skylark.co.jp/bamiyan/

[住所]東京都目黒区碑文谷2-1-17

href=”http://fujikawanana.com/category/%E7%9B%AE%E9%BB%92/” target=”_blank”>≪目黒で訪れた店舗一覧はこちら