目黒”名代 富士そば 自由が丘店”

目黒 自由が丘で夕食を

昨年末よりの仕事で、年明けは自由が丘に通う事になりそうです。目黒区自由が丘は、東急線の中で、二子玉川や中目黒・代官山と並んでファッショナブルな街として知られています。飲食店や洋服・雑貨店等はお洒落なお店がそろっています。この日の午後は、早めに仕事が終わったので、着るものを買おうと洋服店を回ることにしました。目黒区自由が丘は、普通の洋服店に加えてブランド物中心に、中古の洋服を扱うお店が数店舗あるので、上手く探すと良いものが手には入ります。お店を一通り回ると、気に入ったアウターとシャツが見つかりました。予算をオーバーしていましたが、悩んだ末結局購入してしてしまいました。買い物が終わると、すっかり日が落ちて暗くなっていました。気が付くと、かなり空腹です。自由が丘駅正面口ロータリーまで戻って、駅周辺で安く食べられるお店に入ろうと思っていると、ブックオフの斜向いに新しくオープンした飲食店が目に入りました。

目黒 有名蕎麦チェーン新店舗

目黒区自由が丘の駅前で夕飯を食べようとした時見つけた新店舗は、有名蕎麦チェーンの「名代 富士そば 自由が丘店」です。この並びの建物も新装して、最近バーガーショップと、点心メインのチャイニーズレストランが出来たばかりです。目黒 自由が丘駅のファーストフード店や庶民的な飲食店は、北口に集まっているので、正面口の出店は珍しいですね。「富士そば」では、何度も食べているので、味のレベルは大体把握しています。覗いてみると、新しい店舗はキレイで、懐具合からもちょうど良いので入ってみることにしました。入口横にはショーケースがあり、代表的な食品サンプルがディスプレイしてあります。壁には、キャンペーン中のセットメニューが大きな写真つきで貼ってあります。店内入り口の発券機を見ると、そば・うどん・丼物などメニューは豊富です。「カツ丼セット」がキャンペーン中で、770→720円だったので、冷たい蕎麦で購入しました。カウンターでオーダーして出来上がりを待つと、番号を呼ばれました。トレイには、カツ丼・もりそば・ツユ・漬物がのっています。ツユは、濃い目で蕎麦に軽く漬ける程度で十分です。蕎麦は、細めで喉越し良くツルツル入ってきます。カツ丼の卵に綴じられたカツは厚めで、甘辛のタレが丁度いい味付けです。タレが染み込んだご飯も美味しいので、蕎麦と交互でどんどんいただきました。ボリュームがあるので、完食すると満腹でした。この内容ならコスパ最高です。「名代 富士そば」、庶民の味方ですね。

[店名]目黒”名代 富士そば 自由が丘店”

[URL]http://fujisoba.co.jp/

[住所]東京都目黒区自由が丘2-10-7

≪目黒で訪れた店舗一覧はこちら≫