目黒”和利道 ”

目黒の池尻へ

目黒区は、東側が上下に長く上部は池尻辺りまで伸びています。真夏の8月中旬、目黒の池尻近くにあるお客さんの事務所に伺いました。事務所の場所は、目黒川と山手通りが交差するあたり。打ち合わせの時間は、昼間を避けて夕方からにしていただきました。涼しい季節は、東横線中目黒駅や田園都市線池尻駅から歩くのですが、この日は山手通りを走行するバスに乗って、事務所の近くにあるバス停まで移動しました。プライベートであれば、汗だくでも良いのですが、得意先に伺うにはあまり見栄えの良い物ではありませんから。思っていたよりも乗り換えがスムーズにいったため、時間よりも早く到着したので、近くのドン・キホーテの中目黒本店に立ち寄りました。ドン・キホーテの中目黒本店に来店したのは、久しぶりです。広く涼しい店内を回ると、色々と欲しい商品が目に付き必要以上に買い込んでしまいました。その後、お客様の事務所に向かいました。打ち合わせが終わったのは、19時頃でした。夏も盛りをすぎて、19時にはもう暗くなり始めています。

目黒の行列つけ麺店

この時間になると、いくらか暑さもやわらぎ、風もあったのですごしやすくなってきました。目黒の池尻駅周辺には飲食店が点在していて、地域情報に明るいとおいしい食事にありつけます。昼食を抜いていたため、かなり空腹でした。友人の事務所、目黒川と山手通りが交差した近くに、以前から気になっていたつけ麺店があります。何度か前を通った時はいつも行列ができている人気店です。お店の名前は「和利道」、外には人影がなく店内待ちが3人ほどだったので、入ってみる事にしました。券売機には、つけ麺と熱盛りつけ麺がメインに並んでいましたが、今回は夜間のみ販売の「豚骨魚介ラーメン」800円を選びました。少し前に、近くでスナックをやっている友人が、インスタにUPしている写真をみて狙っていたんです。麺の量は、小120g/中150g/大180gから選べます。すぐに順番が回って来て、L字カウンターの端に着席しました。備え付けは胡椒/一味唐辛子/お酢/ニンニクチップ。7〜8分で「豚骨魚介ラーメン」が登場しました。具材は白ネギ/水菜/メンマ/チャーシューです。ラーメン久しぶり、ハンドタオルを用意していざ試食です。スープは濃厚な豚骨魚介で旨味たっぷり、麺は中太ストレートでトロみのあるスープによく絡み、ツルツル入って来て喉腰も食感も最高です。厚みのあるチャーシューは、柔らかくて口の中でほどけるように崩れます。メンマは味がしみ込み、とても良いアクセントになります。有名つけ麺「TETSU」の流れと聞きましたが、とても美味しい一杯でした。次回はつけ麺をいただきたいと思います。

[店名]目黒”和利道 ”

[URL] https://twitter.com/warito914

[住所]東京都目黒区青葉台3-7-10

≪目黒で訪れた店舗一覧はこちら≫