目黒”土風炉 自由が丘店”

目黒 自由が丘駅で待ち合わせ

大分寒さが増してきました。先日、腰が痛くなって目黒区の整形外科を紹介されて、病院に行くとお年寄りが多くて驚きました。この病院はリハビリの設備が充実しているため、入れ替わり立ち替わりお年寄りが治療にやってきます。医者の話によると、冬は特に患者さんが増えるようです。受付で診察を待っていると、入ってくるお年寄りは皆さんすっかり冬支度。ダウンジャケットを着ている方もいらっしゃいます。都内ではあまり感じませんが、山沿いを中心に、中部から北方面はそろそろ紅葉が始まっているようです。しばらく天気が愚図ついて急に気温が低くなりはじめました。2度めの通院は、晴れ間が見えそうな平日の午前中遅くに行きました。自由が丘から歩ける場所にあるので、近くの友人と待ち合わせて昼ごはんを食べることにしました。待ち合わせは13時、東急東横線自由が丘駅の正面口まで歩いて行きました。駅近くにくると、休業しているお店が多いことがわかりました。この周辺は、水曜日が定休なんです。高架下に並ぶひかりデパートも、殆どのお店が閉まっています。

目黒自由が丘の居酒屋ランチ

目黒区の中でもお洒落な街として認知されている自由が丘駅正面口のロータリー周辺は、女性客や学生が目立ちます。ランチを食べようと考えていた、候補のお店が何軒かあったのですが、殆ど水曜日の為お休みでした。友人と二人かなり空腹だったので、気取ったCafeよりもボリュームある食事を出すお店を探す事にしました。庶民的なお店は、自由が丘駅の北側にかたまっています。2周程お店を物色して、色々悩んだ末、駅北口裏にある居酒屋チェーンに入ることにしました。ファミリーレストランや居酒屋の入った雑居ビルの2Fにあるお店は「土風炉 自由が丘店」です。表の看板に貼られたメニューを見て選びました。階段で2階に上がると、古民家のような重厚な感じの外観です。店内は江戸をモチーフにしているようで、書かれている文字は千社札に使われているような書体です。思ったよりも広く、プライバシーが守られるように、テーブル席が一つ一つ仕切られて暗めの照明。メニューは、自家製蕎麦類と丼物・定食類と日替わりで、充実した内容です。この日の日替わりは、すき焼き鍋定食で、オカズ・ご飯共に増量出来るので、これにしました。お盆には大きいすき焼き土鍋、ご飯・玉子・漬物が乗っています。増々で頼んだので、肉・うどん・玉ねぎ・長ネギ・豆腐がたっぷり、濃い目の汁で煮込まれています。最初、すき焼きをそのまま食べたのですが、塩っぱかったので、玉子に絡めてちょうど良い感じです。宮城県の「ひとめぼれ」を使っている白米も、ふっくら炊けています。お肉は柔らかく、野菜も新鮮で美味しくボリューミー、大盛のご飯がドンドン進んで、あっという間に完食しました。昔から、居酒屋チェーンのランチにハズレ無しと言いますが、今回も大満足でした。

[店名]目黒”土風炉 自由が丘店”

[URL]http://www.tofuro.jp/

[住所]東京都目黒区自由が丘1-10-4 マイリッチビル 2F

≪目黒で訪れた店舗一覧はこちら≫