目黒自由が丘”そば新”

目黒自由が丘に残る立ち食い店

殆どの男性の方なら、気に入った立ち食いそば屋さんがあるでしょう。私が一番好きなのは渋谷駅近くの”信州屋”。そばの喉ごしと濃い目の汁が最高です。そして2番めはココ自由が丘駅裏の”そば新”。昔は自由が丘駅近くに「田園そば」や「めん亭四季」などがあったのですが、今では”そば新”一軒になってなってしまいました。自由が丘駅北東方面の一角は飲食店が密集してます。”そば新”は北口を右手に出て2~3分のところにあります。表に出ている立て看板には、写真付きで蕎麦と丼ぶりのセットメニュー¥500~(玉子丼・カレー・牛丼・かき揚げ・親子・カツ丼)が載っています。正面のショーケースには良く出来た食品サンプル、のぼりには「ゆでたて生そば」、上部看板には焦げ茶に白抜きで「そば新」とあります。立ち食いと記しましたが、正確にはカウンターには狭い10席の丸椅子ありです。朝・昼・夜の食事時はいつも満席で、途切れることなく人が入れ替わります。深夜でも満席の事があります。一人で来店する女性客もよく見かけます。自由が丘という場所柄もありますが、こういう店には味が悪ければ来ませんね。今回は16時に来たのですが、満席だったので少し待って入店しました。

自由が丘駅で24時間美味しい蕎麦が食べられます

この店の魅力は4点、①メニューの多さ②料理の味が全部80点以上であること(立ち食いレベルでは)③コストパフォーマンス④24時間営業です。店内に入ると一万円が使える発券機があります。メニューが多いので、発券機の前で悩んでると食事時には後から来た人に睨まれます。かき揚げ天そば¥370-を買って、セルフサービスの水を持って座りました。カウンターの中では、手前に愛想のないおばちゃんと奥に年配の職人さんが2人忙しそうに作業してます。麺はオーダーしてから茹でるので2~3分かかります。天ぷらは作りおきですが回転率が高いので問題ありません。多めに頼んだネギがたっぷり乗ってきました。蕎麦は北海道産のそば粉を使用、細めで白く腰があります。出汁は本枯節+地醤油で甘さ控えめ、大きいかき揚げと辛めのネギを合わせて食べると、そうそうこの味です。20年以上通っているので一通り食べてます。夏場は冷やしか盛りそば+トッピング・空腹時はカツ丼や天丼とのセットメニュー・石臼で引いたお蕎麦を使用した1日限定20食の鴨せいろ等どれを食べても満足できます。カウンターの白ゴマはかけ放題ですよ。体も温まって美味しかった、ご馳走様でした。

自由が丘 そば新

[店名]自由が丘”そば新”

[住所]東京都目黒区自由が丘1-12-6 センタービル1F

≪目黒で訪れた店舗一覧はこちら≫