目黒”麺家黒”

目黒ラーメン激戦区

ラーメンを食べたくなって目黒駅に行くことにしました。目黒駅周辺はラーメン激戦区と言われるほど、多くのラーメン店が出店しています。つけ麺・ワンタン・タンタン麺・支那そば・東京風・本格中華風・サッポロ・煮干し等など様々なタイプのラーメンを出す店が軒を連ねています。ラーメンは食べたいのですが、どの味にするか決め兼ねていたので、目黒駅から権之助坂を下ってお店を物色して歩きました。ラーメン業界も年を重ねるごとに多様化が進んで、色んな味があります。この中でも目立っているのが、家系と言われれる豚骨醤油の進化系で、亜流も含めると6~7軒はあるでしょうか。家系ラーメンは横浜発祥で、最近至る所で見ることが出来ます。10代後半、友人が住んでいた横浜の新杉田という駅の近くで、何度か食べたラーメン店が発祥だと知ったのは最近のことです。当時珍しかった豚骨醤油の味は美味しかった印象だけで、正直細かく覚えていませんが。2000年前後に一時流行ってましたが、最近またブームになっているようです。

目黒の有名家系ラーメン店

目黒の権之助坂にあるラーメン店を回っているうちに、一番惹かれたのは坂の中腹にある家系有名店「麺家 黒」です。先月食べた「づゅる麺 池田」の並びにあるお店で、上部の看板には大きく「黒」、ガラス扉には「横浜家系」と描かれています。階段横のお店の表には、写真付きのメニューが一通り貼ってあります。レトロな雰囲気に作ったお店はカウンターとテーブルで14席、カウンターに空きがあったので入店決定。発券機を見ると、ラーメンは大・中・小とトッピング-のり・半熟玉子・野菜・チャーシュー、添え物のご飯があります。初回だったので「ラーメン並」650円をオーダーすると、5分ほどで着丼しました。トッピングはチャーシュー・のり・ネギ・ホウレン草で家系の基本スタイルす。スープをすすると、確かに家系を感じさせる濃厚な豚骨醤油。中太のストレート麺は腰があるタイプ、ズルズル食べるとスープとのからみが最高です。大きめのチャーシューはよく煮込まれていて柔らかい。ホウレン草が箸休めに丁度よい感じです。今まで食べた家系ラーメンの中でもかなり上位にくる、バランスの良い美味しさでした。壁に貼られた沢山のサイン色紙を見ると、有名人にも人気があるという噂もうなずけました。

[店名]目黒”麺家黒”

[URL]https://www.hotpepper.jp/strJ000248553/

[住所]東京都目黒区目黒1-6-12

≪目黒で訪れた店舗一覧はこちら≫