銀座 いし井 五反田店

五反田で夕食を

8月の雨天続きは相変わらずです。盆休みは終わりましたが、街はまだのんびりしたムードが漂っているようです。気がつくと、日の入りが早くなってきました。今年はいつもと違いますね。夏が来ないうちに秋が始まってしまう感じが、ちょっと切ない季節です。夜になると、蝉の声よりも虫の鳴き声が大きくなりました。先日、空いた時間に入ったネットカフェで『BLUE GIANT』というJazzマンガを見つけました。これが、面白いんです。高校生の主人公がJazzに出会いサックス奏者として、突き進んでいく話です。
毎年秋口になると、Jazzを聞き始めるので、タイミング的にピッタリでした。帰ってから仕事中のBGMがJazzになったのは言うまでもありません。翌日、打ち合わせで五反田を訪れた時も、スマートフォンにDLしたビバップを聞いていました。帰りに大崎広小路から五反田駅に戻る途中、何気なく目に止まったのが山手通りの角にある、中華せいろ(つけ麺ですね)の専門店です。以前より気にはなっていたのですが、まだ未入店です。

五反田のつけ麺店

五反田の山手通り沿いにある、つけ麺店で早めの夕飯を食べることにしました。こちらのお店は「銀座 いし井 五反田店」というつけ麺中心のラーメン店です。店名の通り銀座発祥の人気店ですが、どうやら現在銀座店は閉じているようです。五反田で働く友人から噂は聞いていたので、楽しみです。お店はカウンター席だけで品のいい感じで、表に券売機があります。基本中華ソバと中華せいろで、トッピングによって値段が変わります。初めてなので、「中華せいろ」880円を購入して席に着きました。汁と麺が出てきました。麺は中太ストレートで光沢がありノリとすだちが乗っています。スープは鶏と魚介を合わせた奥行きのある味で結構塩味が強めです。麺をつけて食べると、バランスが良くて美味しい。途中、珍しい黒胡椒とすだちを足していただくと、パワーアップしました。和風のこの食感は、中目黒三ツ矢堂製麺(旧フジヤマ製麺)に似ているかな、かなり好きな味でした。

[店名]銀座 いし井 五反田店

[URL]https://r.gnavi.co.jp/a53k77ke0000/

[住所]東京都品川区西五反田1-24-4

≪五反田で訪れたお店の一覧はこちら≫