”鎮海楼”目黒

目黒の老舗中華

目黒でのランチタイム、餃子が食べたくなり、思い出したのが昨年末に雑誌にのっていた目黒駅近くの中華料理店。タレントの石原良純氏も馴染みだと言ってました。私も都内に何軒か餃子を食べに行く店があります。今回は新規開拓のつもりでちょっと期待してます。場所は、JR目黒駅東口方面へ出て横断歩道を渡り左折、「海鮮三崎港 目黒店」の先を右折し直進し突き当りを右折したところです。遠目で見ると事務所のような感じですが、近づいてみるとメニューやテレビなどの出演履歴などが貼られています。店内はテーブルで40席、椅子はフカフカした布張り。店内は大衆中華屋さんですが、家族でいろいろ頼んでいるお客さんも多かったです。ランチメニューは種類が豊富で、「マーボウ春雨定食」800円や「ピリ辛ネギラーメン定食」950円、「海老入り餃子定食」だけで5種類もあります。餃子以外の料理も美味しそう。私は水・焼き二種類餃子定食1000円をオーダーしました。卓上には、酢・醤油・辣油・爪楊枝・ 取り皿。10分程で出てきました。

目黒で餃子ランチ

目黒”鎮海楼”の「水、焼き2種餃子定食」は、トレイの上に大きめの水餃子と焼き餃子が3つづつとスープ・サラダ・ゼリー・(おかわり自由の)白飯が乗ってます。小鉢のサラダはもやしベースでシャキシャキ。まず、焼き餃子はキャベツベースの餡に海老が入ってます。大きいわりには海老のプリプリ感と、それを邪魔しない具材、肉汁などがあっさりした食感でなかなか良いです。水餃子はニラがたっぷり、もちもちの皮にジューシーな具材こちらも海老が入ってプリプリしています。醤油・お酢・ラー油のソースで食べるとどちらも絶品。焼き餃子・水餃子を交互に食べていったら、あっという間にごはんが無くなってしまいました。ご飯をお替わりして満腹になりました。餃子は奥が深い料理だといいます。皮・具材・焼き方、この3点がそろってようやく完成に近づくのですね。今度は揚げ餃子も食べてみたい。美味しかった、ご馳走さまでした。
IMG_0022
[店名]”鎮海楼”目黒

[URL]http://www.hotpepper.jp/strJ000230649/

[住所]東京都品川区上大崎2-15-6 市川ビル 1F


≪目黒で訪れた店舗一覧はこちら≫